タシデレ!オックーだよ!
関西名車列伝、第8回は創業120周年を迎えた南海電鉄の50000系を取り上げる。
「ラピート」でおなじみの50000系は何と言ってもこの特徴的な前面!
南海線を走る姿はまるで近未来の乗り物のようだ。
 
 
1.jpg
  ラピートは独語で「速い」を意味する
 
 
1994年の関西国際空港開業に合わせて登場した50000系は6両編成6本の36両を製造。
なんばと関西空港を約38分で結び空港アクセスに欠かせない。
座席は2席2列の「レギュラーシート」と1席+2席で上位クラスの「スーパーシート」が存在する。
客用窓は航空機をイメージさせる丸い形状。輝くラピートブルーは青い空を想像させる。
 
 
2.jpg
まるで航空機のような側面
 
インバウンド効果で訪日外国人旅行者が増えつつある近年。
車内では多言語表示による案内や手荷物スペースの確保など乗車率増加のために全力を尽くしている。
登場から20年以上経過した現在でも企業イメージのリーダーカーとして南海を引っ張る。
その姿は他社には負けない圧倒的な存在感を放つ!
 
オックー
経営学部 第二部経営学科
たぁぁのしーーー!!オックーです。
 
私が大学で学び始めてから今年で3年目を迎えるのですが、
大阪経済大学に入ってまず驚いたことと言えば点在する大きな教室!
 
およそ900人を収容する「フレアホール」やずらりと並んだパソコンが印象的な
「オープン端末室」、蔵書55万冊を誇る「図書室」など。
 
いたるところに大きな教室がある大学の施設に度肝を抜かれました(@o@)
 
180425-1.jpg
D10も相当広い!イスがずらーり!
 
D10のような大きな教室に一瞬では数えられないぐらいの人数が同じ授業を受けるので、
友達100人できるのも夢じゃないかも!
 
授業によれば学部を超えた学友と同じ勉学に励むことになります。
 
高校時代に想像もしたことのない光景が日常茶飯事に
繰り広げられるので大学は本当に面白い所ですよ(^v^)/
 
もちろん少人数を前提とした教室も存在しますので、
すべてが大きな教室ではありませんのでご了承ください★
 
大きな教室の一部は「オープンキャンパス」などでお目にかかるかも。
 
その際は大阪経済大学のひろーい教室を体感してみてください!
オックー
経営学部 第二部経営学科
グダー!オックーですm(^_^)m
 
関西名車列伝第7回となる今回は、西日本旅客鉄道キハ120系をお送りする。
180424-2.jpg
 
キハ120はJR西日本の地方交通線向けに1991年に製造開始した気動車。
 
同車はJR西日本のローカル線で主に活躍する。
 
先日廃線となった三江線は山陰地区に所属する同型車が88年の歴史の掉尾(ちょうび)を飾った。
 
なお関西地区では亀山鉄道部に所属する車しか見ることができない。
 
亀山鉄道部の車は全14両。
 
主に関西本線の非電化区間を走行し京都府の加茂や三重県の亀山の間で活躍する。
 
16mの小柄な車体はローカル線のかわいいアイドル。
 
沿線の宣伝活動も忘れない。
 
この「山城列茶」は2019年の1月まで運行予定。
 
木津川市と笠木町、南山城村が合同で企画した同列車は宇治茶をイメージした緑色を纏う。
 
1量子化存在しないためおよそ61kmある区間でこれをみたあなたは運が良いかも!
 
180424-3.jpg
お茶をイメージした緑が沿線にマッチ!
 
ローカル線を彩る小さなアイドルキハ120形。
 
そのかわいい見た目によらず力強いエンジン音を轟かせ今日も山城を駆け抜ける!
オックー
経営学部 第二部経営学科
どうもこんにちは!オックーでございます。
 
大阪経済大学を通い始めて3年目。
 
大学へ行く回数と比例して大阪市内へ遊びに行くことも入学前より格段に増えました。
 
その道中で見つけたオモシロ駅ナカを紹介します。
 
京阪本線京橋駅。同駅は京阪の全列車が停車する。
 
JR・地下鉄への乗換駅であるため利用客は数多い。
 
観光需要もある京都方面上りホームに今回のオモシロ駅ナカが存在する。
 
「アンスリー 京橋ホーム大阪方店」。
 
ここではなんとフランクフルトを販売している!
 
レジ横に鎮座するフランクフルトは何とも神々しい★
180424-1.jpg
 
1本120円という価格設定と丸々と大きくぎっしり身の詰まった肉の香りが食欲を誘う。
 
このために京橋駅下りに着いたとしても上りホームに行ってこれを食べるのがオックーのステータス!
 
普段食べるフランクフルトとは違い味が濃厚。
 
濃いめに設定されているのはケチャップいらずで食せるようにしたとか。
 
駅の売店にフランクフルトが置いてある光景は、くいだおれ大阪を象徴するプレミアムグルメだ!
オックー
経営学部 第二部経営学科
こんにちは!オックーです。
 
今回もよろしくお願いしますm(-_-)m
 
今回はコスプレサークル「仮装研究会」を取材!
 
メンバー10人程で活動し、アニメのキャラクターに扮して月1回を目安に仮装イベントへ参加。
 
週1回のミーティングで今後の計画などが決定される。
 
コスプレを楽しむ彼ら。洋服を身に纏う学生が校内を行き交う中、彼らの衣装は異彩を放つ。
 
180420-1.jpg
 
コスプレの歴史は長く2003年に第1回世界コスプレサミットが開催。
 
以降毎年名古屋で決勝大会が開催され、クール・ジャパンの一角として
注目されるコスプレは世界を虜にしている。
 
また「コスプレ」も英語で「Cosplay」(コスプレイ)と表記されるようだ。
 
彼女たちが身に纏うコスプレもかなり凝っている。
 
そのため衣装の額はかなりお高いようで。
 
「(入部は)一見気難しいように思えるが気軽に入ってほしい。」
 
と代表の北川君はこう語る。
 
世界に浸透しつつあるコスプレ文化を楽しむなら学生時代しかないかもしれない。
 
そんな貴重な体験を仮装研究会で楽しんではいかが?
オックー
経営学部 第二部経営学科
よっ!オックーですm(-_-)m
 
ちょうど1年前かな。
ただいま学内募集中の「地域づくり スタディツアー」の2017verに行っていました。
 
私が体験したことをちょこっとだけ教えちゃいまーす(^v^)/
 
「合橋」地区は兵庫県の東部に位置する但東町にあり、まわりは出石そばで有名な出石町や
鳴き砂がある琴引浜で有名な京丹後市に囲まれている。
 
非常に風光明美な場所だ。
 
そこで私は数人で「KAZABI」という一棟貸しの宿泊施設に寝泊まり。
 
180419-1.jpg
 
近くのスーパー(車必須)で買い物をして自炊。
 
自然の中に囲まれたこの場所で作る飯はなかなかうまい!
 
隠し味は自然の中でみんなと過ごせる空間ではないだろうか?
 
KAZABIの周辺にはとろりとしたお湯が特徴のシルク温泉がある。
 
そちらを利用した私達はお肌をスベスベにさせシルク温泉を後にした。
 
徒歩だとほてった体をひんやりした風で冷やすのに最適な距離となる。
 
美男美女と化した私達はその後就寝した。
 
KAZABIは普段では体験できない自然に囲まれた中で寝泊まりできる。
 
今や鉄筋コンクリートの建物に住むのが当たり前となった時代。
 
この先の休暇を利用して自然とふれあい都会を忘れてみましょう!
オックー
経営学部 第二部経営学科
どうもこんにちは!オックーです。毎度ご覧いただきありがとうございます。
 
大阪経済大学に行きはじめて早3年目。もう大学の場所を間違えなくなりました。
 
ところで大学を頻繁に利用していると、私だけのお気に入りな場所が見つかるもので。
 
空きコマのときは時間調整のために学校周辺や近くにある
ショッピングセンター「かみしんプラザ」へ行くこともしばしば。
 
しかしながらたまには静寂な空間を味わいたいときもあるのです。
 
まったりとできるこの場所はいわば「レストルーム」と呼ぶべきでしょうか。
 
静寂な空間を保ちたいので詳しくは教えられませんが、
大学をよく利用する人ならわかってしまうのではないでしょうか(^^)
 
180418-1.jpg
 
お弁当を持参したり本を読んだりゲームをしたりetc。
 
休息場所で気持ち切り替えをリフレッシュ!授業が本格的に始動する4月の後半。
 
忙しくなって手が回らなくなったら一度休息することをオススメします。
 
みなさんも是非学内のお気に入りの場所を見つけてみてはいかがでしょうか。
オックー
経営学部 第二部経営学科
ボアタルデ!オックーだ!
大経大生のオックーがオススメする鉄道車輌を取り上げる関西名車列伝。
第6回は神戸電鉄(以下神鉄)3000系をお送りする。
 
180415-1.jpg
 
神鉄は神戸の繁華街新開地を起点に有馬温泉や三田・ウッディタウン・粟生などを結び、
神戸のベッドタウンを支える私鉄。
肌寒い冬は有馬温泉でゆったりお湯につかり、春は沿線のハイキングや粟生線の桜を見に行く。
そういう旅行にピッタリな私鉄ではないだろうか。
神鉄3000系は1973年に登場。登場当初より冷房付き。
1000系車輌などの普通鋼製とは違いアルミ合金の地肌に赤の装飾をしているその見た目から
「ウルトラマン」と呼ばれることもある。
全電動車の4両固定編成で六甲山地の険しい勾配を一気に駆け上がる。
3000系は普通から特快速までオールマイティに活躍するため、
公園都市線を除く全線で見ることができる。
 
180415-2.jpg
 
ベッドタウンの三田や有馬温泉が名を連ねる神鉄沿線。
ゴールデンウィークなど長期の休暇は粟生や有馬や三田へ鉄道旅行をオススメする。
そのときは是非神戸のウルトラマンで沿線を満喫してみてはいかが?
オックー
経営学部 第二部経営学科
こんにちは!今期より副部長となりましたオックーです!
今後ともよろしくお願いしますm(-_-)m
 
気づけば4月となり桜が満開となる今日この頃。
大阪経済大学では部活動やサークルの机出しを行っている。
そこで私は文芸部さんへ直撃インタビュー。
文芸部は約20人で週2回、月曜日と金曜日に活動するとのこと。
180410-1.jpg
主な活動内容は現在出版されている小説についての評論会だ。
そこでの批評を基にして新たに製本を行う。
その文芸誌「まかろん」の作品内はラノベからパロディ作品まで多種多様。
「まかろん」はブースや学祭などで配布。
興味を持った方は一度手に取ってみてはいかがだろうか。
最後に代表の茶谷君へインタビュー。
新入生に対して一言伺ってみた。
 
「文芸初心者にもオススメの部活動です。参加希望の方は男女問わず是非お越しください。」
180410-2.jpg
代表の茶谷君。オススメ映画「グレーテストショーマン」
 
文芸を通して新たな可能性を見つけるチャンス。
文芸に触れてみたい方は文芸部まで足を運んでみてはいかがだろうか。
オックー
経営学部 第二部経営学科
やっほー!オックーでぃ!
今回から始まる「おおさか東線の全線開業は大経通学へどう影響するのか?」
略して「おおどう」!!
2018年3月17日に衣摺加美北駅が開業し、ますます賑わいを見せるおおさか東線。
同線はさらに放出⇔新大阪間を2019年の春に全線開業へ向け工事の真っ最中だ。
先行開業区間の久宝寺⇔放出間が開業したのが2008年。
およそ11年ぶりの新線開業となる。
下の概略図はJR線と阪急京都本線、地下鉄今里筋線を表している。(2018年3月17日現在)
 
180316-1.jpg
 
現状のおおさか東線。
奈良方面は久宝寺で、東大阪方面は放出で接続するが、
同線から大学方面へは2回以上の乗り換えが必要。
また概略図では省略しているが、JR河内永和、JR俊徳道で近鉄線と高井田中央で
地下鉄中央線と接続しており、通学手段として同線を利用するのは現時点でかなり困難がある。
同線で営業運行されているのは3車輌。201系と207系と321系だ。
 
180316-2.jpg
久宝寺停車中の201系
 
201系は同線の普通列車に充てられ、他線から直通する直通快速に207系・321系が充てられる。
201系は国鉄時代に製造された車輌だが、近年になって環状線からの転属があり
来春の開業時にも新線区間にその姿を見せることだろう。
新線区間も大詰めを迎え、もう少しで試運転列車も走り出す勢いだ。
私は大経通学にどう影響するのか調査するため、新線区間を中心におおさか東線を追っていく。
オックー
経営学部 第二部経営学科
みなさんこんにちは!オックーです!!
 
大経まわり第三回。「松山神社」に行ってきた。
180312-1.jpg
大学からは徒歩で約10分。阪急上新庄駅からも近い松山神社。
 
服部天神宮や長岡天満宮を合わせて「阪急沿線三天神」の一つとして知られている。
 
松山神社では菅原道真が訪れたという。
 
そのとき生い茂る松に感動し詩を詠んだことから、この地区は後に小松と呼ばれることとなった。
 
今も神社周辺は松が生い茂る様子は、マンションや近代的な建物が多いこの地区で
神秘的な雰囲気を漂わせる。
180312-2.jpg
鳥居は道路と公園をはさんだ所に存在する。
 
堂々と構えるその姿はまたこれも神秘的。
 
忙しい都会の時間とはかけ離れた場所だ。
 
空きコマのわずかな時間でも松山神社は心が休まる空間となるのではないだろうか。
オックー
経営学部 第二部経営学科
ブエナスタルデス★オックーです。
関西名車列伝第5回は、阪神電鉄8000系をお送りします。
 
180228-1.jpg
尼崎車庫にて
 
 
阪神8000系は初の6連固定の急行型として在来車を置き換える目的で製造された。
そのため急行から直通特急まで阪神本線の優等運用に入ることが多い。
運用次第では阪神梅田から山陽姫路間91.8kmを走破することもある。
 
2018年2月現在は6両編成19本で活躍中。
1984年から製造が開始された同車は、マイナーチェンジを繰り返したため様々なタイプが存在する。
 
とくに現在では3両しか存在しない初期タイプの車輌は3801形を元にしたため、
一体型前面方向幕や前面貫通扉など後に登場する車両と大きな違いが見て取れる。
 
180228-2.jpg
初期タイプの8502号
 
 
登場当初は赤胴車と呼ばれる赤の塗装をしており長期にわたって阪神の急行色を纏っていたが、
現在は全車がリニューアルに伴いオレンジ系の色に変更されている。
 
180228-3.jpg
赤同車時代の8000系
 
照灯のLED化もされ長期の活躍が期待される。
阪神線のみならず山陽線にも直通し幅広い場所で見ることができる8000系。
今日も阪神間を走り続ける。
オックー
経営学部 第二部経営学科
ボンジュール★オックーです。
関西名車列伝第4回は、大阪高速鉄道1000系を紹介。
大阪モノレールとして親しまれる同社は、本線と彩都線の2路線が存在する。
全長約28kmを日本跨座(こざ)式で結ぶ日本最長のモノレール。
開業時より存在する1000系は製造からおよそ30年。
アルミ合金でできた車体は太陽のごとくひかり輝いている☆
 
180220-1.jpg
青帯のオリジナル色をまとう第1編成
 
 
4両固定編成で13編成すべて健在。
1000系は都心との空港アクセスを担う重要な役割だ。
約半数の編成で車体の広告ラッピングを施しており、
様々なカラーやラッピングを楽しめるのも特徴である。
 
180220-2.jpg
側面にラッピング施す1000系
 
 
しかしながら現在製造中の3000系が2018年より順次導入されるため、
1000系初の廃車の危機が迫っている。
そのため初期製造車である青帯のオリジナル色を見られるのもそう長くはないだろう。
また門真市以南の延伸も検討されているが、果たして1000系が延伸路線を走る時が来るのだろうか。
今後の1000系の動向から目を離せない。
オックー
経営学部 第二部経営学科
サワディーカップm(-_-)mオックーです!
 
鉄道車輌の情報をお届けする関西名車列伝。
第3回は近畿日本鉄道6020系を紹介する。
南大阪・吉野線系統で活躍する6020系は、1968年にラインデリアを装備し、
大阪線の2410系や名古屋線の1810系等と同一の車体で登場。
いわばそれらの狭軌版といえよう。
最終的に99両生産され河内の輸送を支えている。
しかしながら廃車や他線区への転属もあり、近鉄線内には現在86両が活躍中。
 
180210-1.jpg
同一車体の大阪線2430系
 
 
180210-2.jpg
3両固定の6020系
 
 
南大阪線に乗ると必ず見るであろう6020系は特急を除く全ての運用に入る。
そのため大阪阿部野橋から吉野までのロングランもこなす。
3・4両固定編成の2種類が存在し、それをつなぎ合わせてラッシュ時は7両や8両編成で通勤の足となる。
 
180210-3.jpg
吉野口駅で交換を行う6020系×2
 
 
登場からおよそ50年経った6020系は現役バリバリ!
車輌を大切に使い続ける近鉄なら10年後も健在だろう。
三菱製のモータを響かせながら河内路を今日も走り続ける。
オックー
経営学部 第二部経営学科
ニーハオ!オックー三条(参上)★
関西名車列伝第2回は京阪電鉄2600系を紹介する。
京阪本線、鴨東線、中之島線を普通から通勤快急まで運用をこなすその姿は京阪電車のエースだ!
全体的に丸さがあることから「卵型」と呼ばれる。
かつては宇治線や交野線で活躍していたがワンマン非対応のため後継車へその路を譲った。
0番台と30番台に分類することができ、見分けはその独特な前面で一目瞭然。
吊り幌に飛び出した尾灯。ゴツゴツとしているこの前面が0番台。
一方ツルッとした前面が印象的なのが30番台だ!
 
180202-1.jpg
上り普通と下り快速急行に入る0番台
 
180202-2.jpg
下り区間急行に入る30番台
 
なぜここまで前面に差が出てしまったのか。
その答えは京阪が誇る改造技術にある。
0番台の車体、元は2000(一部2200)系のものだ。
2000系は驚異的な加速力があったことからスーパーカーと呼ばれていた。
これまた名車である。
600vから1500vへの昇圧や冷房化に困難があったため、やむを得ず廃車となった。
しかしながら、登場から年数が浅い2000系は一部の走行機器や車体が
再使用できる状態であったため、車体の強度強化を行い2600系へ流用が決定。
これが0番台誕生の大まかな流れだ。
一方30番台は2600系の改良版であり初代3000系の意匠を取り入れた新造車である。
角型の尾灯・急行灯カバーやシールドビームは2000系流用車体とは違う点だ。
 
180202-3.jpg
30番台の元となった初代3000系
 
2600系は登場から40年が経過しているが車体としての年数は55年を超えているものも存在する。
色々な時代を駆け抜けた名車。現在0番台が3本、30番台が4本の計7本が健在。
しかしながら老朽化や新型車による置き換えで数多くの0番台が廃車となった。
走り続ける時もそう長くはない。
オックー
経営学部 第二部経営学科
どうもぉ!オックーでぇす!
今回から新コーナー「関西名車列伝」をお送りしていきたいと思います。
このコーナーは、関西を走る鉄道の中でも名車と呼ばれる車輌を独自に紹介していくコーナーです。
第1回はこちら。阪急電鉄3300系だ!
京都本線を主に千里線や地下鉄堺筋線にも乗り入れるフレキシブルな車輌。
1967年に登場し万博輸送や直通運用に大きく貢献し現在に至る。
かつては特急運用に入ることもあり、みやこ路を駆け抜けたが今は普通や準急を中心に活躍中。
 
180126-1.jpg
京都本線普通運用に入る3300系
 
 
ラッシュ時は快速や快速急行運用にも入ることがあり、
高速走行時の東洋電機製の甲高いモータ音も健在。
それは特急時代を思い出させるような走りだ!
 
180126-2.jpg
夜間の快速急行運用に入る3300系
 
 
しかしながらその運用も徐々に減少傾向。新車投入で廃車が発生。
一部は古参2300系を置き換えたが着実に最新鋭の後輩にその路を譲りつつある。
 
180126-3.jpg
堺筋準急運用に入る最新鋭の1300系(2代目)
 
 
3300系は5300系とともに日本の地下鉄線を抵抗制御方式で走る唯一の車輌。
その雄姿を見ることができるのも今だけだろう。
次に阪急電車へ乗車する機会があれば、3300系の走りに注目してはいかがでしょうか。
オックー
経営学部 第二部経営学科
グーテンモルゲン!おっくーですm(-_-)m
新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします(^^)v
というわけで、「おじさんぽ」こと「シリーズ大経まわり」の特別編をお送りします。
本日の目的地は瑞光寺!阪急ユーザーの方なら必ず通るあの場所へ、ラスウンスゲーエン!
 
180118-1.jpg
 
180118-2.jpg
 
阪急上新庄駅方面へ進路をとり、新幹線の高架のところまでテクテク。
ファミリーマートの前を通ると目的地はもう目前!
 
180118-3.jpg
 
とうちゃーく!!
 
・所要時間およそ5分。一説では聖徳太子により瑞光寺は建てられたとされている。
瑞光2丁目に存在する瑞光寺の境内には、雪鯨橋(せつげいきょう)という橋がある。
地元では「クジラ橋」と呼ばれ、その名の通り橋の欄干にはクジラの骨が使用されているのだ。
クジラ橋は浪速の名橋50選に選定されており、日本で唯一クジラの骨を使った橋として知られている。
クジラ橋は戦災や老朽化により何度か建て替えられた。
初代の建造時期は1700年代と推定され非常に歴史の重みを感じる橋。
 
180118-4.jpg
 
欄干に使われているクジラの骨
古くからクジラと縁がある瑞光寺。空きコマに一度足を運んではいかがだろうか?
オックー
経営学部 第二部経営学科
どうもどうも!オックーです<^v^>
「OSAKA5GO!WALK」へ参加された皆様、先日はお疲れ様でした!
そして、ご協力ありがとうございました。
今回はOSAKA5GO!WALKの裏話的なのをしていきます(^^)
避難所開設のお手伝いをさせていただいた私たちは、事前に避難所の組立練習を行いました。
ダンボールとの格闘が続いた1時間。ちょっとだけ紹介します。
 
↓ダンボールで制作した避難所の区画とベッドの原型
 
171214-1.jpg
 
これらにマットをどかんっ!ベッドが出来上がります。
とはいうものの、制作には苦戦を強いられました(^_^;)
特に区画のダンボールが立たないわ立たないわ(~_~)
だから完成した時は、感動の嵐★解体するのがもったいないぐらいですぅ (涙)
 
↓解体直後の避難所
 
171214-2.jpg
 
しっかし意外と耐久性があるんだよな、これが!
やや太り気味(?)の私ですら、仰向けで寝ることができました。
練習があってこそ、本番でも無事に避難所を開設でき、
たくさんの方に見ていただくことができました!
避難所開設が円滑に行えるよう、またこういう機会があれば光栄です。
オックー
経営学部 第二部経営学科
こんにちは!オックーです。
今回は大学から徒歩で「鳥飼大橋」へ目指してみた!
食堂前の道をA館と逆方向へひたすら歩く。すると見えてくるのが土手。
そこを上がって左手へ。目的地は小さく見えるあの橋だ。
(画像左)その後ひたすら土手を歩いて1時間。
 
171209-1.jpg171209-2.jpg
 
ようやく着いた鳥飼大橋。モノレール、府道、高速道路がならぶ光景は交通が発達した近代の象徴。
いやぁ実に良い運動や。学生の運動に鳥飼大橋へのウォーキングをオススメする!
 
171209-3.jpg
オックー
経営学部 第二部経営学科
こんにちは!オックーです。前回の続きです。
今回は、琵琶湖を目指して再び電車に乗るところから始まります。
三条駅まで戻り、琵琶湖方面の電車に乗り換え。三条では地下でしたが、
 
170901-1.jpg
 
地上を出た電車はベンチがすごい角度で傾くぐらいのきつい山を越え、
 
170901-2.jpg
 
着きました!
 
170901-3.jpg
 
琵琶湖で一休みzzz
 
つづく
オックー
経営学部 第二部経営学科
どうも!こんにちは!オックーです。
8/31に行われたPBL(Problem Based Learning)の施設見学を行いましたので報告します。
(PBLは問題解決型授業のことです!)
 
170831-1.jpg
 
8:30に大学前を出発!
 
170831-2.jpg
 
途中休憩所で伊勢うどんをたべ、
 
170831-3.jpg
 
施設の方々による説明を受け、
 
170831-4.jpg
 
「モビリティ」を体感しました。
 
170831-5.jpg
 
夜中でも質問に丁寧に答えてくださった、フロントさんには感動です。
ありがとうございます!
 
つづく
オックー
経営学部 第二部経営学科
こんにちは!オックーです(^u^)
私の趣味は、鉄道を楽しむことです!!結構マニアックかも(他者比)
というわけで、夏休みを利用して京阪電鉄を完乗しましたので報告します。
京阪電鉄は、大阪・京都・滋賀を走る大手私鉄の一つです。
今回使用した切符は、「大阪・京都・びわ湖「水の路」1dayチケット」です。
8:30頃。スタート地点の中書島駅に到着しました。
いきなりですが、京阪に詳しい人ならこの画像がどれだけレアなことかわかるのでは?
 
170831-1.jpg
 
ここから進路を京橋(大阪)へ向け、本線へ乗り換えです。
そうそう、今回のダイヤ改正から前照灯を常時点灯になったみたいですね。
 
170831-2.jpg
 
途中、世界でも類を見ないドアが5つある電車に乗車!
 
170831-3.jpg
 
京橋から洛楽号に乗車して、進路を反対の出町柳(京都)へ。
 
170831-4.jpg
 
さすが洛楽!出町柳まであっという間!!
さてここから進路を琵琶湖へ向け出発です。
 
つづく
オックー
経営学部 第二部経営学科
はじめまして! 広報隊のオックーと申します。
今後ともよろしくお願いします。
蝉の声も小さくなり始めた今日この頃、オープンキャンパスも最終日を迎えました。
 
17820-11o.k namae.jpg
 
私は、キャンパスツアーに密着してきましたので報告します。
キャンパスツアーとは、現役学生と高校生たちで学内をおよそ30分で案内する
という企画です。
 
17820-12o.k hiroba.jpg
 
C館前を出発した一行は、まずは図書館へ向かいました。
 
17820-13o.k tosyo.jpg
 
図書館では、学生が高校生に図書館の利用方法や、豆知識などを伝えています。
高校生たちは、真剣な様子。それももちろん、これから迎える受験のため。
学生が真剣な眼差しで館内のことを説明している間、めっちゃ熱心な様子で聴いて
いました。自身も高校生の大変さを思い出しました。
 
17820-14o.k Bkan.jpg
 
体育館や食堂を巡った一行は、再びスタート地点のC館前に戻ってきた。
 
17820-15o.k taiku.jpg
 
その時の彼らの表情は、スタート時より一層真剣になっていました。
最後に高校生を率いた学生にキャンパスツアーの楽しい所を聞いてみました!
「ただ(学内を)周るだけでは面白くないので、フリートークの延長線上のような
感覚で学校の良さを伝えている所です!!」
キャンパスツアーは、短時間で学内を知ることができます。
オープンキャンパスに訪れた際には、是非キャンパスツアーに参加してください!!
 
 
 
 
オックー
経営学部 第二部経営学科
|1|2|3|All Page