こんにちは!りんです!
新生活が始まり、サークルなど大学生活をどうしようかと悩んでる人も多いのではないでしょうか??
私も去年、どこのサークルに入ろうかなと、とても悩んでいました!
ということで、私が今回紹介するサークルは「ゴッジョイ」という球技サークルです!
 
そこで、代表の松井さんにお話を伺いました(^^)
 
まず、主な活動は、バスケやフットサルなどの球技をされています。
活動頻度は月に2、3回ほど。
部員数は53人。
1年生の募集人数は30人ほどとのことです!
活動年数は2年ほど(正式には1年)で出来たてほやほやですね!
 
成り立ちのきっかけは男女分け隔てなく、経験者、未経験者関係なく楽しめる
サークルを作りたかったとのこと(^^)
男子の比率が高い中、男女関係なく楽しめることはとてもいいですね!
 
最後に一言頂いてもいいですか?とお聞きしたら
「ゴッジョイで大学生活をゴッつえんジョイしませんか?」と頂きました!
 
この言葉から楽しい感じがバンバン伝わってきますね!(笑)
 
机出しの際も和気あいあいと楽しそうな印象が見受けられました!
 
最後にゴッジョイの皆さん、インタビューに答えて下さりありがとうございました!
 
そして、新入生の方のサークル選びの参考になればと思います!
 
180417-1.jpg
リン
経済学部 経済学科
こんにちは!二回目投稿、リンです!
今回は私が今年から始めた『ハッピー貯金箱』についてお話ししたいと思います!
 
この『ハッピー貯金箱』とは名前の通りその日起きた幸せなこと、
楽しかったことを紙に書いて貯金箱に見立てた箱の中に貯めていくというものです。
いいことだけを書き留めた日記みたいなものですね!
私が始めたきっかけはTwitterで知ったからなのですが、
皆さんも、もしかしたら見かけたことがあるかもしれません(笑)
 
装飾はなんでもよくて、私の貯金箱は100均で買ったビンに
いい感じにチェック柄のリボンを巻いてます!
装飾してみると、愛着がわいて、またやる気がアップしました(*^^*)
 
今まで日記をつけようとしてもほとんど三日坊主で終わってたんですが、
これはなんと2か月も続いてます!
(たったの2か月だけ、、、、笑)
とはいえ、いいことを書き留める=気分のいいときに書く感じなのでとても書きやすいんです。
また、絶対にいいことがあった日に書く!
なんて気を張らずに後付けで書いていくとより続きやすくなりました!
私自身後付けだらけです(笑)
 
 
ということで、私自身初めての『ハッピー貯金箱』を1年間続けられたかを
今年の大晦日に発表したいと思います!(笑)
ここで言っとけば必ずできるはず!(笑)
いっぱい書いて一気に見返すのが楽しみです(*'▽')
 
新入生の皆さんや、新2年、3年、4年生の皆さんも新生活の始まりに
『ハッピー貯金箱』を始めてみてはいかがですか?(^^)
 
 
次回のブログは私が新入生サポートをしている新入生交流会の模様をお伝えしたいと思います!
お楽しみに!
リン
経済学部 経済学科
こんにちは!初めて投稿しますリンです!
2月5日に毎日新聞大阪本社にお邪魔しました。
 
まず最初に、記事を編集している所を見学しました!
新聞といっても、一般紙やスポーツ紙、地方紙などがあります。
 
また、編集の仕事は夜中の2時をまわることもあり、
長時間の仕事でも圧迫感のないように部屋の天井は高く作られていました!
そして、毎日新聞でしか発行していない点字の新聞「点字毎日」の編集部も覗きました。
編集部の部屋までの床には点字ブロックが敷かれており、
毎日新聞ならではの作りに工夫が感じられました(^-^)
 
180205-1.jpg
180205-2.jpg
 
続いて、印刷工場の見学です。
なんとここでは1秒間に夕刊を20部印刷しているそうです!
もう速すぎて想像が追い付かないですね(笑)
また、出来立てホヤホヤの新聞を触らせていただきました。
出来立ての新聞は少し湿っているんです、そこにも驚きですね!
 
その後、毎日新聞の元海外特派員の坂口裕彦記者に
「ルポ難民追跡」の講演をしていただきました!
海外特派員とは、現地に住んで「世界の今」を日本に伝える仕事です。
 
180205-3.jpg
 
その講演から、IT技術が進化したことで記者の働き方が「記事を書く」「写真を撮る」
「動画を送る」「レポーターをする」の「一人四役」と変化したことを知りました。
また、国際情勢が変わることで難民側と、受け入れる側の国との溝も知り、
世界がどうあるべきかということも深く考えさせられ、とても貴重なお話を聞かせていただきました!
 
 
この見学を通し、新聞を作るうえでの大変さや編集者・記者の皆さんの仕事を
より深く知ることができました!
改めて1日貴重なお時間をいただきありがとうございました!
皆さんももし、興味があれば見学に行ってみてください!
リン
経済学部 経済学科