第11章 ボツワナまでの旅路で
 
この章ではボツワナのリゾート地であるカサネに到着するまでの出来事を紹介したい。
 
まずはバスの予約だ。
バスターミナルで、ボツワナとの国境の街カティマムリロ行きを予約した。
車中で私服のおっちゃんがチケットを売っている。(まぁ買うしかない。)
 
photo24.png
     チケット売り場 車内
 
午後3時発なのでまだ時間があり、近くを散策して帰ってきたら、バスが4台停まっていた。
近くのおっちゃんに聞いたら、チケットを俺の胸あたりで広げてゆっくり確認していた(カバンを死角にするため)
 
この行動はされた覚えがあった。
 
「「 スリだ! 」」
 
とっさにわかった。
去年フランスのパリで一回スられているので早い段階で気づけた。
案の定、カバンのチャックが半開きになっていた。
相手もプロなので本当に上手い。
 
ばれた時、悲しい顔をしていた。
彼も悪いとはわかっているのだろう。
でも「生きるため」なのであろう。
貧富の差を改めて感じさせられた。
 
スリの恐怖が残り、バスのトランクに荷物を預けることができず、足元に置いた。
 
photo25.png
 
バスは定刻通りに発車したが、後ろの席の少年(多分10代後半)が情緒不安定だ。
1時間も経つと叫び暴れ始めた。
どうやら叫んでいる内容を聞くと幻覚が見えるらしい。
こっちの国では、気軽に危険ドラッグが買える(大麻などは合法の場合もある。)
興味本位で始めたのだろう。
一瞬の判断ミスが彼を壊してしまった。
教育の場で、まず基本的な薬物の危険性を教えるべきだと思った。
 
15時間座席を蹴られ続けやっと目的地に着いた。
色々と本当に
「苦しかった。。。」
 
 
次章 ボツワナでボートサファリ
FOB大阪
経済学部 
第9章 ナミビアへの移動編
 
南アフリカのケープタウンからナミビアの首都であるウィントフックに行くには
飛行機かバス2つの選択肢がある。
 
僕は今回バスという選択肢を選んだのだが
所要時間は22時間30分と非常に長い。
朝出発の朝到着だ!!
 
今回僕が利用したのはこのバス!
photo17.png
 
バス待合所はこんな感じ
photo18.png
 
ケープタウン駅周辺はやっぱり怖い。
一人でこの街のことを振り返っていると、バスの搭乗手続きが始まった。
 
ここに荷物を入れて、
photo19.png
 
ナミビアの首都ウィントフックへGO!
寝て、起きて、を繰り返し気付けば到着した。
 
ナミビアの首都は想像より綺麗だった。
多分、日本にいたら絶対に知らなかった事実だ。
 
photo20.png
  アフリカを感じさせない街の中心部
 
 
第10章 ナミビア首都の様子
 
ナミビアの首都ウィントフックには多くの日本車が走っている。(しかも結構綺麗な車体)
 
photo21.png
 
本当に街が綺麗でゴミがそんなに落ちていない。
安心して歩ける。
 
photo22.png
 
発展途上国では生野菜は食べてはいけないとよく言われるが、新鮮で衛生面も完璧(O_O)
凄いとしか言いようがない。
 
なぜこんなに高い生活水準なのか疑問に思い調べてみたら、ナミビアは人口300万人に満たない国であることがわかった。
他の国に比べて政府が国民を管理しやすい。
 
その象徴として労働者の靴を見ればわかる。
(建設業に携わっている人は安全靴、サービス業に携わっている人は労働靴を履いている。)
これは発展途上国では後回しにされやすく、ナミビアの法整備、安全基準が高い証拠になる。
 
そして貧困層が陰に隠れていること。(ジニ係数を見ると南アに近い数値だ)
ケープタウンでは貧困層が市街地にも住み着いているが、
ウィントフックの市街地には住み着いていない
という差がある。
 
photo23.png
    ナミビア首都の歩行者天国
 
次はナミビアからボツワナまでの移動編だ。
 
 
次章 ボツワナまでの旅路で
 
FOB大阪
経済学部 
第8章 南アフリカ共和国の経済 
 
南アフリカはアフリカ大陸で2番目の経済規模をもつ。 
(ちなみに1位はナイジェリアだ。意外すぎる!(◎_◎;)) 
※マンパワーによる差で、1人あたりGDPを見ると南アの方が高い。
 とはいえ、成長率もナイジェリアの方が圧倒的に高くアフリカのホープになる存在だ。 
 
南アの物価は、日本と同じぐらいで、割安感はそこまでない。 
外務省のたびレジでも南アの経済状況悪化と記載されているように 
南アはプラチナの産出量世界トップクラスであるが、近年プラチナの価格が下がっているため大打撃を受けているのだ。 
(ちなみに世界最大のプラチナ消費国は中国なので仲がいいのは必然的なのかもしれない。) 
とはいえ、この国で成功した富裕層も多い。 
 
photo15.png
 再開発エリアのウォーターフロント周辺 
 
ここの周辺に富裕層が住んでいて厳重なセキュリティによって守られている。 
アパルトヘイトが廃止され 
南アでは会社の何割かは黒人管理職を採用しなければならないルールがあるようで、
最近では黒人中間、上級層も多くなってきた。 
 
俺もそこまで詳しくないので 
詳しくは「南アにおけるBEE政策」で検索してくれ! 
(JETROや南ア日本大使館がA4用紙17枚に詳しい情報を載せている。) 
 
しかし 
この国ではやはり白人管理職の割合が多いように感じられる。 
そしてBEE政策を理解し、多種多様な人種をうまくマネジメントでき、会社のハンドリングができるのは 
現在南アにいる上級管理職(富裕層)しかいないのであろう。 
そのため富が一極集中し、貧富の差が大きくなるのだと南アに来て感じた。
photo16.png
  テーブルマウンテンからみたケープタウン 
 
他にも多くのモノをみて、情報を得たりしたが長くなるので留めておきたいと思う。 
 
最後に南アに出張する方向けコーナー 
 こんなニッチな情報を見ている=南アに興味がある or 行く予定がある方だと思うので軽く紹介したい。 
 ケープタウンには日本料理屋が何軒かある。僕行った店はディビット・ヤンさんがオーナーをしている店で、
 普通日本料理屋は日本語の曲が流れているのだが、中国語の曲がかかっていた。ちょっと面白い。 
 
 そして海外出張(中国やアメリカ)が多い方ならわかるのだが、日本料理屋には情報誌や新聞(有名なのはジャピオン)
 が置いてあり、現地コミュニティがあるが、ここにはなかった。 (SNSや、口コミではあるようだ。) 
 
 (僕自身、駐在員が多い場所での滞在経験しかないので、あるのが当たり前だと思っていた。反省…) 
 不完全で申し訳ないが、アフリカ主要都市回りながらこういうプチ情報もお届けしたい。
 (行くときは現地の駐在員にアポ取れるならそれが一番良いのだが…) 
 注)上記の一部はあくまで訪れてみて個人的に感じたことです。実際とは異なる可能性があります。 
 
 
次章、南アフリカ共和国の上にあるナミビアへ 
ナミビアはノービザでいけるアフリカの数少ない国の一つで楽しみだ! 
FOB大阪
経済学部 

第7章 南アフリカの今(街中情報  強盗情報含む)

南アフリカには暗黙に午後7時以降出歩かない 
というルールがある。絶対守れ!!
(まぁ、どんな屈強な奴でも守ると思うが。笑) 
 
初日知らずに僕は出歩いてしまった。 
なぜなら午後7時でも明るいからだ。 
 
でも店は基本閉まっている。 
ここは某有名ファーストフード店だが 
営業時間が… 
photo13.png
      街の中心部の飲食店 
 
まぁ「働き方改革進んでいるな!」 
と思ってもらった方がよっぽど良い解釈なのかな。笑 
大きいスーパーなども閉まっているので正直出歩いても意味ない。 
 
諦めてホテルに帰ろうとした時  
前に歩いている人が急に振り向いてきて 
目の前にスタンガンを突きつけてきた。 
笑っていたので殺される心配はなかったが、 
親指と人差し指を擦りながら 
「Money!  Money!」 
と言ってきた。 
 
まぁ、新興国や発展途上国などにいると 
こんな事に時々出くわすのだが、さすがに南アのダウンタウンの雰囲気は怖い。 
歩き過ぎて、後ろからスタンガンを当てられるのも嫌だったので
ポケットに入っていた50ランド(日本円で約400円)を渡した。 
 
この人にとっては ストリートパフォーマンスなのかもしれないが、
観光客にとってはただの脅威である。 
南アの観光客強盗遭遇率は極めて高い。
あくまで予想だが、こういうグレーなパターンもいれた確率なのであろう。 
対策としては、車道が横にある歩道を歩くと比較的安全だ。(歩行者天国は危険。) 
 
一方、ケープタウンの 再開発エリア「ウォーターフロント」などに行くと危険は一切感じない。 
photo14.png
   ウォーターフロント モール前 
 
港町であり、テーブルマウンテンの麓であることから、海と山が同時に感じられるので
是非おすすめしたいスポットのひとつだ! 
 
 
次章 南アフリカ共和国の経済について
FOB大阪
経済学部 
第6章 南アフリカの今(観光情報編)
この章では主に南ア旅行のお役立ち情報をメインに掲載していきます。
 
エジプトのカイロから8時間かけて
ヨハネスブルクに到着したわけだが、、
photo10.png
 
一瞬、中国にでも着いたのかと思った。
中国資本が大量に南アフリカに流れているのがわかった。
 
今世界のトップ1、2は間違いなく
アメリカと中国だと感じさせられた。
 
乗り継ぎ便を待っている間、ヨハネスブルクの空港周辺をブラブラしたが危険は全然感じなかった。
(この理由は次の章でわかる。)
良い国だなーなんて思いながらケープタウンに向かう飛行機に乗った。
photo11.png
アジアで見ることはほとんど無い南アフリカ航空
※補足※ 香港からケープタウンをつなぐキャセイパシフィック航空の直行便が一番便利(2020年1月現在)
 
ヨハネスブルクからケープタウンは約2時間で着く。
(大阪から上海も2時間なので、結構遠い気がする)
 
空港に着いて市内に行く方法を探すのだが
方法は二つ
 1)My CITY BUS(バス)1人85R
 2)Uber(タクシー)1台200R
 ※1R=約8円
 
僕はバスを選んだが
値段は人数が多いとUberの方が安くなる
(2人以上または夜中の場合はUberを強く推奨する
 
ホテルにチェックインして
次はツアーの予約だ!!
普通ケープタウンの観光で外さないのが
 
喜望峰
photo12.png
 
だと思うが、これはレンタカーと自転車で行く以外
ツアーに参加するしかない
 
大学生はよく自転車を選ぶが、市内から片道70kmある。
よく考えて自分の体力と相談してください。
 
1日ツアーはどこも日本円で約1万かかるが、非常に良かった。チップ要求もなく快適だった。
ケープタウンを訪れる人には、是非参加して欲しいです。
 
 
次章 南アフリカの今(街中情報  強盗情報含む)
 
FOB大阪
経済学部 
第5章 旅のはじまり
 photo6.png
航空券はヨーロッパ発着の方が安く、そこから乗り継ぎを経てエジプトカイロに着いた。

途中、乗客不足でフライトキャンセルになって
「利益至上主義の度が過ぎる!」
とツッコミながらも、なんとか辿り着いた。
(フライトキャンセルは旅程を狂わすため、お金と日程に制限がある学生バックパッカーとしては非常にきつい。)
 
エジプトカイロ国際空港に着き、世界一簡単なアライバルビザを取った。
photo7.png
(25ドル出せばこのシールを渡される。)
 
そのあと、無事エジプトに入国し、街中を歩いてみると
photo8.png
武装警察が治安を守っていた。
正直最初は怖かったが徐々にエジプトの雰囲気に慣れていった。

無事、ずっと見たかったピラミッドにもいくことができた。
photo9.png
5日間この国に滞在したが、
エジプトの国民性は陽気で気さくな人が多かった。
いざ出国となるとすごく寂しい気持ちになった。
 
次の目的地は南アフリカ共和国だ。
情報が錯綜している国なので実際どうなのかをお伝えしたい。
 

次章、南アフリカの今(観光情報編)

 

FOB大阪
経済学部 

第3章 準備

アフリカに行くと決まったら続いては準備です。約半年間かかりました。
というのも予防接種があるからです。
まずはアフリカといえば黄熱ですね。
黄熱の予防接種を受けないと入国できない国があります。
接種後は検疫所でイエローカードが発行されます。(僕は留学中に中国で発行しましたw)

Photo4.png

他にも破傷風 日本脳炎 A型肝炎 狂犬病なども接種する必要があるので 
リアルガチ で準備期間が必要です。
 
他にも下調べなども必要です。
(古い情報と新しい情報も混在していて何が正しいのかわからず、とにかくインプットします。)
 
大まかな日程に合わせて航空券などを予約するのもこの準備期間で行います。
 
 
第4章 出発
 
「半年後に出発か!!」なんて言っていると一瞬です。
photo5.png
アフリカは「地球最後の未開拓地域」と言われているような場所で、治安や衛生面は最悪です。
期待と不安の両方が自分の中で戦い始め、精神的にきつくなります。
 
しかし
 
自分の中のチャレンジャー精神と、まだ見たことないものを見てみたいという思い、
開拓心が自分を奮起させ、やる気を出させてくれました。
 
 
次章 旅のはじまり はやくもトラブルが、、
FOB大阪
経済学部 
第2章 結果
資金集めのためにスポンサー探しをした結果、
なんと!大学の「高松亨チャレンジ基金」で採用されました。
(意外とやってみるものです!!)
 
africa02.jpg
 
通知書を受け取った時、
正直「なんて大学だ...」と思いながらも、すごく嬉しかったです。
 
多くの人は不採用になるのが怖くて、どうせ採用枠も狭いしと諦めてしまいます。
でも、たとえ不採用だったとしても多くのメリットがあります。
 
1.面接慣れできる
2.プレゼン能力をみがける など
 
将来仕事する上で、絶対必要なスキル、能力を試してみることができます。
是非チャレンジしてみてください。
 
次章:準備編  準備に半年かかる理由は?!
FOB大阪
経済学部 
はじめまして。FOB大阪です。大阪経済大学に通う3回生です。
今年の1月12日から3月3日までアフリカ大陸を中心に周遊しようと思い、去年の7月から準備!
今はアフリカ周遊中です。不定期ですが、アフリカの今などをレポートしていきたいと思います。
africa00.jpg
 
第1章 資金集め
まずは、どういう経緯でアフリカ周遊を決断したのか紹介します。
長期間の旅行にはお金が必要です。2ヶ月アフリカ周辺を回ろうと思えば約50万円必要です。
このお金を貯めるには意外と大変で、学生にとっては旅行を決断する大きな壁です。
africa01.jpg
 
だから僕自身はスポンサー探しに専念しました。
(実際は留学しててバイトができない状態だったからなのだが。)
探してみると意外とスポンサーになりそうな基金はあり、宝くじより当たりやすく、
お金もかからないし、ひとつずつ受けていこうと思いました。
 
結果はいかに!?次回に続く…。
FOB大阪
経済学部 

どうもこんにちは。オックーです。

「PBL」特集も今回で最終回となります。

過去最多となる35人が参加し、

彼らはこの夏休みの間この取り組みを行ってきました。

その最終日の様子をお伝えします。

 

P2070257.JPG

 

私は初日から取材に同行させていただいたのですが、

各人との団結力が高まっているように感じました。

笑顔が素敵です

初日はチーム分けに手間取り、

制限時間を延長するほどコミュニケーションの取り方に苦しんでいました。

最終発表時はどのチームも制限時間内に、

かつ中間発表で指摘された点を改善し、素晴らしい発表で有終の美を飾りました!

また、3Mジャパンの方より優秀な発表をされたチームへ表彰があり、

「スムージー」が優勝として今回のPBLは幕を閉じました。

 

IMG_7474.JPG

 

彼らに感想をうかがってみました!

 

チーム名:オールフォーワン

Q.参加してみての感想はどうですか?

A.プレゼンテーションという貴重な機会をいただいたことで、

チームワークの大切さを学ぶことができました。

 

チーム名:スムージー

Q.最終審査会に際して工夫した点は何ですか?

A.中間発表では多くの指摘を受けたので、自分たちが発表する内容について徹底的に調べ直しました。

その際、インタビューを実行したところ新たに疑問点が出てきました。

その点をより追求していけたため、最終審査会を成し遂げることができました。

 

今回の経験を生かして頑張れ頑張れ!!

P2070147.JPG

オックー
経営学部 第二部経営学科