はじめまして。

本年度より、広報隊の一員として

参加させていただくことになりました。

みかりんです。

よろしくお願いいたします。

 

早速ですが、6月23日(土)に開催される教育懇談会の

キャンパスツアーの下見に行ってきました。

が、まさかの腹痛を抱えての参戦。

かんかん照りの中、

タオルをおなかに当て、腰を丸めて歩く私。

心配してくれている隊員。

何をしているのかと、ちらちら見てくる学生たち。

 

龍角散をそのまま飲み込んだからおなかが痛いんだ。

とはなんとなく言えず。

言ってもよかったのですが、

何か面白いことがあるかと思い、言いませんでした。

特にありませんでした。

 

よくありますよね。飴をそのまま飲み込んでしまうこと。

スースーするのど飴は危険です。

すぐにおなかがppになります。

気を付けてください。

 

そもそも風邪を引いていたので

龍角散を舐めていたのですが、

これを書いている今も舐めています。

いつまで続くのだか。

もはやこれが普通なのでは。

きっと鼻水も咳もいつものことなのではないか。

いや、そもそも・・・。

 

 

そんなこんなな下見でしたが、

先輩のお話がとても面白く、内は楽しかったです。

在学生でも(入学して2か月ほどですが・・・)

知らない場所がたくさんあったので、保護者の皆様にも

楽しんでいただける内容になっていると思います。

教育懇談会にお越しの方は

是非、キャンパスツアーにもご参加ください。

 

みかりん
経済学部 

こんにちはてにゃん!オックーです。

第4回は阪急正雀工場を紹介!正雀工場は上新庄駅から京都方面へ2駅。

正雀駅が最寄り。頑張れば大学から歩いて行ける距離だ。

改札からは徒歩2分。本当に出てすぐのところにある。

 

正雀工場では阪急全車両を始めとした車輌整備を行う。

また路面電車など製造するアルナ車両を併設している。

8.jpg

この日は「阪急レールウェイフェスティバル」が開催。

広大な敷地に阪急が所狭しと並ぶ。

普段は大阪・京都・兵庫を縦横無尽に走る阪急電車。

それらが羽を休めている姿はなかなか見ることができない貴重な体験だ。

9.jpg

大粒の雨が降る中にも関わらず来場者は数えきれない程!

皆阪急の上品さに圧倒されているのだろうか。

また工場内の屋内施設にはミニ電車乗車などがあり多くの子ども連れで賑わっていた。

10.jpg

なかでも一番魅力的なのは空飛ぶ電車だ!

その文字のとおり電車が宙を舞う。

私たちの頭上を阪急電車が通るのだ。

通行する人皆が天を仰ぐ。まさにイリュージョン!

11.jpg

普段乗車するだけではわからない阪急の整備風景。

その裏側には日常を陰で支えている整備のプロのおかげであると実感した。

オックー
経営学部 第二部経営学科
こんにちはてにゃん!オックーです。
2018年5月26日に開催された、
スポーツ・文化センター開設記念シンポジウム「大学とスポーツ」を聴きに行ってきた。
 
シンポジウムでは、本学人間科学部客員教授でありスポーツ庁長官である、
鈴木大地氏をお招きし「21世紀におけるスポーツの可能性」について講演された。
 
6.jpg
スポーツの未来について熱く語る鈴木大地氏
 
 
筆者がこのシンポジウムで注目した点は第2期スポーツ基本計画について。
この先5年間のスポーツ政策としてスポーツに「参加」「観戦」「支援」
するなどして「スポーツ参画人口」を拡大。
スポーツを通して人々の人生を楽しくさせ健康にさせる。
そうした生き生きとした社会を作り上げる「一億総スポーツ社会」の実現に向けた計画だ。※1
 
この計画の中ではこの先成人のスポーツ実施率を65%まで引き上げることを目標としている。
それを実現するための例としてあげられたのが「ウォーキング」。
誰もが気軽に始めやすく身近で手軽なスポーツであるからだ。
ウォーキングの歩数にも注目した。1日8000歩。
数字だけ聞くと「スポーツに時間をかける余裕がない。」と思われがちだ。
しかし国民が普段歩く平均の量は男性7,194歩、女性6,227歩だという。※2
これにわずか約1,000歩足すことでスポーツ庁が推進する8,000歩に届くというので驚き。
大学から松山神社まで歩いて行けば良いのだから。
 
7.jpg
松山神社まで大学から徒歩10分
 
 
1,000歩の所要時間はおよそ10分。
地下鉄通学の学生なら「だいどう豊里」駅から歩くのも良いかもしれない。
スポーツの存在を遠く感じていた筆者。スポーツがそんな簡単に始められるとは!
スポーツが身近な存在になりつつあるのを実感した1日だった。
 
 
※1 参考:スポーツ庁 日本スポーツの5か年計画がスタート(2017年4月‐2022年3月)
 
※2 参考:スポーツ庁 “歩く”をもっと“楽しく”『FUN+WALK PROJECT』開始
オックー
経営学部 第二部経営学科

こんにちわ!

つかもです!

空きコマに大学周辺をプラプラとしてると、あれ?こんなとこに神社?

 

広い!解放感!

松山神社というそうです!

 

小松4丁目というとこにあります!

大学周辺は、いっぱい神社があるんですね

十二支が奉られていました!朱色が綺麗でした!

180531-4.png

境内を散策していると、かわいい猫ちゃんがいました!!

180531-5.png

いや、猫はかわいいです

断然、猫派!!

日々の疲れが癒されました笑

 

つかも
経済学部 経済学科

こんにちはてにゃん!オックーですm(-_-)m

春もとうに過ぎてしまいキャンパス内の桜はどこへやら。

このほど気温が上がっている日が続く。

季節が進むにつれ多くなるのが雨の日。

 

そんなときはD館やE館からフレアホール(70周年記念ホール)までの移動に傘は欠かせない。

目的地に着いたら雨で濡れた傘は傘袋へ。ふと気が付いたのだがこの「傘袋」。

晴れた日は見当たらないが、一体だれが用意しているのだろうか?

毎度細かな気配り感謝します。

180528-3.jpg

6月に入ると厄介なのが梅雨。

日に日に雨が続きじめじめじめじめ。

そんな時の傘袋は非常に重宝する存在だ。

教室内をできるだけ濡らさずにしてくれる救世主。

気が付かないうちに私たち学生はいろんな方に助けられているのではないだろうか。

またこの傘袋は使い捨てであるため、使用済みの傘袋はその日中に回収されるようだ。

非常に興味深い。

 

およそ7,800人いる学生の縁の下の力持ち様に、

私は感謝の気持ちでいっぱいだ!ありがとうございます!!!!!!!

 

オックー
経営学部 第二部経営学科

こんにちはてにゃん!オックーです。

今回は神戸市営地下鉄1000形を紹介する。

1000形は西神・山手線の主力車両として1977年の開業当初に投入された。

同時期には阪急6000系や阪神5001形などが製造されている。

まだまだ抵抗制御が主力だった中で電機子チョッパを採用するなど当時の最新技術を詰め込んだ。

登場当初は4両固定編成であったが沿線需要に応えるため、

1987年までに合計108両が製造され6両固定編成18本が揃う。

地元神戸の球団「オリックス・バファローズ」の看板を掲げ運用に入る1000形。

地元愛を大切にする盛り上げ隊長のようだ。

 

180528-1.jpg

総合運動公園駅を後にする1000形

 

1000形は西神・山手線を走る車両の基礎となった。

アルミニウム合金の19m3扉車。

この車体寸法は後に開業する、北神急行の7000系電車にも継承された。

北神急行は地下鉄と相互乗り入れするため、両車輌は顔を合わせることが多い。

 

180528-2.png

三宮駅に乗り入れる北神急行7000系

 

最新型6000形がまもなく投入されることから今後の動向が注目される1000形。

とうとう見納めの時が来たのだろうか。

神戸を支え続けて40年。たくさんの地元愛を乗せながら神戸の街をひた走る。

 

オックー
経営学部 第二部経営学科

こんにちは!もりりんです(^―^)

5月も終わりが近づいてきて、非常に暑くなってきましたね。

私は最近、顔が真っ赤になるぐらい日焼けしました。

日焼けの理由はもちろん、プロ野球です!!!

 

今年の埼玉西武ライオンズは強いです!本当に強いです!!

2018年5月24日現在、単独首位で2位との差も広げております。

 

5月19日、20日ライオンズは兵庫県のほっともっとフィールド神戸で

オリックスバファローズとの2連戦がありました。

(いつもオリックスですみません...)私は両日ともに観戦に行きました。

 

19日は相手のエラーやタイムリーなどで7点を取り、投げては先発の多和田が0封で抑えるなどで、

結果7-0と非常に気分のいい試合展開が見られました。

180525-5.jpg

 

20日は阪神タイガースからトレードされた榎田が7回2失点と好投するものの、

打線に元気がなく0-3で敗戦しました。

非常に悔しい思いをしました。

180525-6.jpg

私は外野席で思いっきり応援するのが好きです。

その声を出して応援する楽しさのおかげで、試合の結果気にせず気分よく帰ることができます。

ほっともっとフィールド神戸は大阪からですと遠いですが、屋外球場ならではの良い開放感があり、

本当に気持ちよく観戦できるのでおススメです。

180525-7.jpg

三ノ宮駅から出ている地下鉄を利用し、約30分で行くことができます。

電車についてはオックーさんの『関西名車列伝』で取り上げてくれることでしょう。そちらをご覧ください。

 

ご覧いただきありがとうございました。

180525-8.jpg

 

PS:ゼミの1次募集がありました。私の所属している本間ゼミも新たな仲間が

増えることを楽しみにしております。

勉学はもちろん、就職対策となる将来的に役立つ活動も行っております。

本ゼミに入って損はないと私は思っております。

興味ある方は是非来てください!!!!!

 

もりりん
経営学部 経営学科
どうもこんにちはオックーです。
今回は大阪の空の玄関口、関西国際空港へ行ってきた!
 
関空は大阪府泉佐野市の人工島にある24時間運用可能な国際空港。
その名の通りいろんな国々から観光客やビジネスマンが
関空へとやってくるため日本の玄関口ともいえよう。
 
180525-1.jpg
 
この日は「関空旅博」が開催され、多くの子ども連れの方々で賑わいを見せる。
全国各地からゆるキャラが訪れ、筆者は萌えに萌えまくった。
 
小笠原の「おがじろう」、めちゃかわぃ…かっこいいぞ!
(ぶれててゴメンネおがじろう)
 
180525-2.jpg
 
数あるイベントの中で最も賑わっていたのは「航空ジャンク市」。
航空機内で使用されるアメニティや航空機部品などを販売していた。
マニアにはさぞかしたまらない逸品があったに違いない。
 
筆者は普段から航空機を利用しないため見える空間がすべて新鮮。
終始興奮しっぱなしだった。
 
180525-3.jpg
 
180525-4.jpg
 
 
航空機の魅力を改めて知ることとなった関空訪問。
旅博などのイベントを通じて関空の魅力を発見してみてはいかがだろうか。
以上是非とも行ってほしい大阪おもしろスポットでした。
 
さよなら、さよなら、さよならー。
オックー
経営学部 第二部経営学科

こんにちは!
こびです!
初めての投稿で緊張気味です…

何を話しましょう…
あ!6月にですねー、教育懇談会というイベントがあります!

これは、保護者の方が大学にいらっしゃって、成績を聞いたり、大学を見て回ったりするものです!
広報隊は、教育懇談会で保護者に大学を案内する、通称「キャンパスツアー」を行うんです^ ^

先日、そのキャンパスツアーの下見をしてきました!
その日はとにかく暑かったです…

でも、大学内の普段行かない建物をたくさん見て回れたので新鮮でした!
あの建物にこんなゆっくりできる場所があったんだーと思ったり、
この建物にはこんな施設が入ってたんだーと驚いたり、

短い時間でしたが、大学の知識がまた一つ増えました^ ^
(写真撮り忘れてました・・・)

これから先は夏本番ですねー。

みなさんも夏バテしないように頑張っていきましょう!

こび
情報社会学部 情報社会学科
タシデレ!オックーだよ!
関西名車列伝、第8回は創業120周年を迎えた南海電鉄の50000系を取り上げる。
「ラピート」でおなじみの50000系は何と言ってもこの特徴的な前面!
南海線を走る姿はまるで近未来の乗り物のようだ。
 
 
1.jpg
  ラピートは独語で「速い」を意味する
 
 
1994年の関西国際空港開業に合わせて登場した50000系は6両編成6本の36両を製造。
なんばと関西空港を約38分で結び空港アクセスに欠かせない。
座席は2席2列の「レギュラーシート」と1席+2席で上位クラスの「スーパーシート」が存在する。
客用窓は航空機をイメージさせる丸い形状。輝くラピートブルーは青い空を想像させる。
 
 
2.jpg
まるで航空機のような側面
 
インバウンド効果で訪日外国人旅行者が増えつつある近年。
車内では多言語表示による案内や手荷物スペースの確保など乗車率増加のために全力を尽くしている。
登場から20年以上経過した現在でも企業イメージのリーダーカーとして南海を引っ張る。
その姿は他社には負けない圧倒的な存在感を放つ!
 
オックー
経営学部 第二部経営学科