一生懸命適当な、おぎです。

 
猛暑すぎやろ、いつまで続くのか・・・

 

阪神は優勝できるのか??中日が怖いな!!

あぁ!!!負けよった・・・笑  

ちなみに・・・

僕の相棒ポロは横浜ファンやで!どうでもいい?聞いたって!

 

 

さて、インターンシップにいった友達によると・・・

 

「他大学の人は、発表の場で堂々と話せる人が多い」

 

「自分の意見を提示できる」

 

 「議論の仕方を知っているって感じ」

 

「あぁ・・・私も頑張らなあかん」

 

「めっちゃ刺激になった、私は大学でなにしとんやろ?」

 

「私は大学でこれをした!!って言えることがあるかな?」

 

などといったことを聞きます。確かに・・・

もちろん、すべての他大学の学生がそうだった。

というわけではないですが、他大学は一回からインターンなどで、

このような刺激を受け、自分みがきをしている感じ??

 

 

もちろん、大経もみんな頑張ってます!!

部活にサークルにバイトにボランティアに勉強、資格に・・・・($・・)/~~~

 

 

しかし、

もっと自分みがき、なにか大学の活動に参加したい

と考える人にチャンスが増えました!!

 

ゼミ大会

 

ゼミ大会によって、

学生の発表力、研究力なども向上?

ゼミ大会運営に関わる学生はいい勉強になり

優勝したら賞金もあり、賞品のアイパッド?

 

ええことばっかやん!!
おぎ
経済学部 地域政策学科

 

暑さがピークで9月突入ですね。

相変わらず、元気に動きっぱなし(笑)

 

明日は、ちょっと厳しいバイトが待ってますが。

 

只今、某電鉄に揺られてます。ランドセルを背負う小学生の方が元気かもしれませんね。

 

 

暑さも見受けられないのが実に羨ましい。。。

すぐ「暑い」というのは止めよう!!

 

 

体温か気温か分からないほどの暑さに負けない9月にしましょう。

 

 

暑いな(汗

あっ、タイトルはあまり関係ないです。

まぁ君
経営情報学部 ビジネス情報学科

こんにちは。9月1日は下手したらまだ宿題が終わってませんでした、いっしーです。

私 「やってきてはいるんですが持って来るのを忘れました」

先生「うそつけ」

言い訳常套句ですよね。

大学生の夏休みはまだ続きます。

 

さて、いっしーの独断と偏見で

おススメの本を紹介するコーナー第6回。

今回は

 

 

「モーム短篇選(下)」

 

 

この本は「英米文学作品研究A」という授業の教科書として

使ったのがきっかけで出会いました。

あ、「英米文学作品研究A・B」は本好きにとっては

これ以上ないくらい楽しい授業なので

絶対履修してください!

 

で、話戻しまして。

名前の通り、12の短篇が入っています。

短くもどれもオチがしっかりついていて、

短い故に読んだ後すぐには理解しにくい。

「・・・?・・・ああ、そういう意味か!!」

すっきり腑に落ちます。

ただ、解釈は人それぞれです。

 

どれも違う話なのですが共通しているのが、

女の強かさ。これが強調されて描かれています。

 

「物知り博士」、「サナトリウム」。

この2つが特に私のおススメ!

いっしー
人間科学部 人間科学科

 

こんにちは

経済学部4回生のピポサワです。


8月29日は大阪駅前第2ビルにてユメ会議に出席してきました。

ユメ会議は関西を代表する企業や関西仕掛け人の人たちに自分のユメをプレゼンし、

これからどうやってコラボラーション、協働していくかを話しあう会議です。


これまでもこのユメ会議をきっかけにCMやプロモーションビデオに出演させていただいたり、

ロフトでイベントをしてきたのですが、今回は僕の一番の夢である「オリジナル商品を子供たちに届けたい」

についてプレゼンしてきました。


プレゼンのうまさとかテクニックは正直ひどかったですが、胸の中の思いはしっかりとだせたと思います。

これからどんな結果がかえってくるか楽しみです。


30日はオリジナル商品のデザインについてデザイナーさんと打ち合わせをしました。

こうやってデザイナーさんと打ち合わせをしているとスポーツ科学×アートでどこまで人の生活が変わり、社会を変えれるのか。

自分が中学時代から思っていた社会の変えたい部分がどう変わるのか想像と創造はつきません。


31日は京都府庁にて、

留学生がまちとかかわるキッカケを

国際関係学部以外の学生が留学生とかかわるキッカケを

テーマにしたプロジェクト『留学生カレンダー』の打ち合わせでした。


このプロジェクトをキッカケに留学生とまちづくり関係の学生のつながりが生まれ、

そこから新たなイノベーションが生まれたらなと思っています。


そういえば前回紹介した淡泊明志寧静致遠

これは三国志の諸葛孔明が子どもに残したとして有名な言葉なんですが

意味は、

『無欲でなければ志を明らかにする事が出来ない。』

『静かな心、穏やかな心を持って望まなければ、遠くにある目標に致る事は出来ない。』

 

無欲ということは自身が行っている努力、苦心に対して結果という報酬を求めない。努力をし苦心をする事でその見返りを普通は求めてしまうものだけど、そういった時期を過ごしながらも歩き続けることで志を明らかにしてゆく。明らかにする事ということは志を明瞭にし、実現させるという事。 例えば、静かな心と穏やかな心がなければ本を読む事は出来ない。 読むのではなく、ただ目で追うだけとなる。 正しい心を持って勉強をする事、夢を実現させようとすることで本物となる。

 

実はこれ僕の座右の銘です。

 

 

達のテーマ

一歩づつより一気に二歩進む勇気をもつ

ピポサワ
経済学部 経済学科