どーも 初めまして、ピスでーす(/・ω・)/

暑い夏休みの中、私はPBLのオリエンテーションの取材にいってきました!

みなさん、PBLをご存じですか?

PBLとは(Project-based learning)の略で、日本語に訳すと「課題解決型学習」というもので、

企業が抱える課題をチームで考え解決に導き、自らも問題解決力を身につけよう!という学習プログラムです!

このプログラムは授業の一環ではなく、全学部1・2年生を対象に「挑戦したい!」という学生を募って行っています!

今年の企業さんは付箋紙「ポストイット」でお馴染みの文具メーカー「スリーエム ジャパン」さんです!

190903.jpg

初回となる今回は、実際に「スリーエム ジャパン大阪支店」にお招きいただき、社員の方から課題をうかがうオリエンテーションです。

8月20日(木)に大阪メトロの阿波座駅から、12分ほど歩いて

スリーエム ジャパンが所在するビルの一階に着きました。

この日も大変暑かったですが、汗という海に溺れなくてよかったです!

しかし、PBLに参加する1・2年生の皆さんは、きちんとスーツを着用しています。

 

1.jpg

そしてさっそく参加者の2年生に取材しました!

今回のPBLに参加するきっかけは何ですか?と聞いてみると、

「インターンシップの説明会で今回の情報を聞いたので、参加してみたいと思いました」

「課題解決型の学習と聞いて、自分がどれくらいできるか知りたくて応募しました」 と返ってきました。

 

そしてオリエンテーションが始まり、付箋の香りを満たす環境でアツアツに始まりました。

最初にファシリテーターさんから「目的と目標は何ですか?」と質問。

その答えについて1人の参加者は、「目的はStartで、目標はGoalです。」と答えましたが、

正解は「目的は最終的に実現したいことで、目標は目的に行きつくまでの段階的に達成していくこと」でした。

 

2.jpg

個人的に簡単に解釈すると、

目的→世界で一番おいしい肉じゃがを作ることを目指します!

目標→今日、ジャガイモを買います!

こんな感じと言えますかね。(肉じゃが美味しいですよね)

 

次に、参加者全員がこのプログラムにおける個人の目的及び目標を書き、チーム分けを行います!

チームの分け方は、学生自身が考えます。

学年や性別、自分が得意な項目(例えば、PCに強い!プレゼンが得意!など)等、

たくさんの案が飛び出し、少し時間がオーバーしたけれど、無事にチーム分けができました。

 

3.jpg

チーム分けの後は、簡単な自己紹介やPBLに参加するきっかけを一人ひとり発表しました。

経営学部2年生(男子)「メリハリをつきたいです。」

経済学部1年生、(女子)「役立てる人になりたいです。」

情報社会学部2年生、(男子)「楽しむことを大切にしていきたいです。」

とみんなが大きな声で言いました。そのため、周りの雰囲気がすごくいきいきと感じられました。

 

オリエンテーションの後、いよいよPBL初日のグループ活動に入りました。

この活動では、見たこともない巨大な付箋やイーゼルパッドが活用されました。

 

4.jpg

アイスブレイクでも、チーム内でみんなが付箋で自分の絵や目標を描いたりし、教え合いました。

ここでは、みんなが親しい雰囲気の下ですぐにチームの固まりができていました。

5.jpg

そして、課題を解決するために互いに付箋で意見を書き、話し合い、一人の意見も残さず、

みんなのアイデアがシステム的に帰納して、一斉に課題に対して最も効果がでる対策を導きました。

6.jpg

一人ひとり違った色の付箋を使っていたので、

最後みんなが持っている付箋の色を合わせると、虹のように見えました。

7.jpg

今年のPBLは1回目からこのように刺激がいっぱいありました。

課題の解決は、アイデアを分類する色々な方法があって、その中には初耳のものもたくさんあります。

8.jpg

私を含めて参加者の皆さんも、成長するために一歩を踏み出しました。

次回は、PBLの2回目に入ります。

みんなはこれから、さらにどのような刺激と出会えるか、

どのようなことを新たに学んでいけのるかと楽しみですね!

2019年PBL1回目の取材は以上となります。

読者の皆さん、またブログで会いましょう~ ^u^

 

 自分の小さな考え

自分が知らない道に歩む前は、白い紙みたいに何の色もついていない状態です。

白い紙にどのような色を付けていくかを決めるのは他人ではなく、自分しかないです。

人生は一期一会なので、将来に向かって恐れず、頑張っていきましょう。

コメントを投稿

名前

コメント

ピスタチオ:P
経済学部
  • ホーム