どうも。広報スタッフMSPです。

 

第1話は壷山さんの就職活動について

お届けしました。

 

第2話では、壷山さんの

卒業論文について紹介します。

 

 

M:壷山さんの卒業論文(以下、卒論)
  のテーマを教えていただけますか。

 

 

壷:「人間科学部『体験学習』前後の

  行動変容について -2010年度キャンプ体験が

  新入生に与える影響-」です。 

  人間科学部の新入生キャンプに参加すれば、

  新入生にどんな変化が得られるのかを

  研究しています。

   TUBO2.JPG

 

M:どうやって調べたの?

 

 

壷:2010年度の新入生キャンプ参加者

  約200名にキャンプ参加前と参加後に

  アンケートを実施したんです。
  
  その結果を基に、あらかじめ設定していた

  項目を当てはめて、何の項目が

  どのように変化したのかを調べています。
  

  またそうなった要因も調べました。

   

 

M:何が一番大変だった?

 

 

壷:アンケートの集計とデータ処理です。

  処理しなければならないアンケート枚数は

  キャンプ前後合わせて約400枚。

  アンケートを処理した後も、その結果が
  学問的に意味のある数字であるのかを
  Excelを使って調べなければいけませんでした。
  この作業が本当に大変。
  

  でもそのおかげでExcelの知識が

  身に付きました。

 

 

M:卒論に取り組んでみてどうですか?

 

 

壷:私の所属するゼミでは

  先輩のやってきた研究を

  後輩が引き継いでいます。

  先輩から引き継いだ責任感、後輩からの刺激という

  いいプレッシャーの中で取り組むことができています。

   TUBO11.JPG

 

つづく…

 

こんにちは!広報スタッフMSPです。

 

今回は4月から近畿産業信用組合に就職した
人間科学部・人間科学科の壷山鏡子さんに

お話を伺いました。

※取材は2012年1月に行いました。

 

 

M:今日はどうぞよろしくお願いします。
  早速ですが壷山さんがこの企業に

  就職を 決めた理由を教えてください。

 

 

壷:大学に入学した頃から、

  金融に興味がありました。

  就職活動(以下、就活)を始める時期

  になっても興味は変わらず、業界を

  絞って就活をしていました。

  TUBO5.JPG

 

M:興味のある業界に就職できたんですね。

 

 

壷:はい。
  さらに私は働いても関西からは

  離れたくないと思っていたので、

  私にとってぴったりの就職先です。

 

 

M:どんな準備をしていたの?

 

 

壷:私も最初から就活がうまくいっていた

  訳ではないんです。

     3年生の1月頃から就活を始めたのですが、

  初めて1次選考に通ったのは4月の終わりでした。
  なかなか選考に通らない時期は

  とても長く感じました。

  でも考えても落ち込むだけなので

  前向きに、楽天的に考えるようにしていました。
  
  初めて1次選考に通ってからは
  就活もうまくいくようになったんです。

 

 

M:なにかきっかけがあったの?

 

 

壷:金融業界に強い就職課の方からの

  アドバイスや面接を経験する中で

  自分なりに工夫していたことが

  結果に結びついたのだと思います。

  TUBO3.JPG

 

M:工夫?
  どんな工夫してたの??

 

 

壷:インターネットを使って面接の情報を集めて

  予習してから面接に臨むようにしていました。

  あと、面接官や一緒に面接を受けている

  学生の話を良く聞いて、言葉の言い回しや

  話し方を学ぶように心がけていました。

 

 

M:就活はしんどかったですか…?

 

 

壷:筆記試験にとても苦戦しました。
  金融系の企業は、一次試験に筆記試験

  と履歴書というパターンがとっても多かったんです。

  

  一般常識のような問題もたくさんありましたが、

  数学や国語の問題もよく出ていました。
  私は数学が苦手なので、

  とても苦労しました。

 

つづく…

 

こんにちは、HKYです。

宮本さんのお話、第3話は

学生生活についてでしたね。
第4話は、入学当時のお話を紹介します。

 


H:結構長い時間色々聞いてすみません。

  もうちょっとだけ聞かせてくださいね。
  

  入学した時って、新しい生活への

  期待とか不安ってありましたか?

 

 

宮:入学する時って、友達できるか

  すっごく不安でした。

  でも、大阪経済大学では入学してすぐ

  新入生キャンプがあって、

  そこで友達ができたので安心しました。

  ※新入生キャンプは、経済学部、経営学部、

   情報社会学部は入学後すぐ。
   人間科学部は、GW後に実施。

 

 

H:キャンプで思い出に残ってることってある?

 

 

宮:とにかく、

  さまざまな取り組みが詰まってて

  おもしろかったのを覚えています。
  ハートアクティビティという

  人間関係を考えるアクティビティは

  楽しかったです。

   

  miya5.JPG

  (写真は本学の新入生キャンプの様子)

 

  昨日までほとんど知らない人と

  ゴールに向かってやり遂げるってのも

  はじめてだし、何より、チームでやりきることの

  大切さと難しさを体験できたのはよかったです。

 

 

H:僕も行ったことあるけど、すごいよね。

  結構ワイワイやってたし、みんな。

 

 

宮:先輩サポーターのフォローがあったから

  より一層よかったなって思いますよ。
  いい雰囲気をつくろうと

  努力してくれている姿をみてて、

  あんなこと自分もできるかなって思いました。

  あと、経済学部って女子学生が少ない分

  結束力も高まった気がするかな。

 

 

H:確かにそういう側面もあるかもね。

  話はかわるけど、受験生の頃、

  大学についてどんなイメージ持ってた?

 

 

宮:私の出身校は、

  大学と連携プログラムをもってて、

  高校生のころに大学に行って
  講義を受けていたんです。

  高校生なのに大学生扱いで、

  課題も大変で、大学生ってこんなに大変なんだ

  と思ってました。

  他の子たちは楽しいって

  イメージをもってたみたいだけど、

  私はそんなことなかったです。
  

  miya2.JPG

  でも、入学してわかったのは、

  大変なこともあるけど、楽しいことも多いですね。
  
  今、振り返るといろんな経験できたし、

  西日本インカレで1番になれたし、

  就職も希望する方向にいけたしで、

  大阪経済大学に入学して本当によかったと思います。

 

 

 

結果的に自分が納得・満足できる

大学生活を送った宮本さん。

お話をお聞きして感じたのは、

誰かに何かを言われてやるのでなく、

とにかく自分からやってみようという意識でした。

言うのは簡単ですが、実行することが大変なのに、

やっていった姿勢は彼女らしいなと思わされました。

 

宮本さん、ありがとうございました。  


 

 

こんにちは、HKYです。

宮本さんのお話、第2話は

卒業論文についてでしたね。
第3話は、学生生活のお話を紹介します。

 

 

H:公務員試験も、卒論も

  すごいエネルギーがいる事だよね。

  学生生活もなんかいろんなこと

  してたっぽいけど、この4年間どうでした?

 

 

宮:とにかく資格とろうと思っていました。

   DSC_8262.JPG

 

H:なんで資格なの?

  受験生からもよくどんな資格とれますか?

  って聞かれるんだけど。

 

 

宮:就職に役立つイメージでした。

  でも、今思えば就職に単純に役立つ

  なんてことないんですけど。

 

 

H:とった資格は全部でいくつ?

 

 

宮:4つです。

  MOSスペシャリストは、

  やるのが当然って感じで受けてました。
  秘書検定は、秘書になりたいとかではなく、

  マナーを身につけようと考えて受講してました。

   P5141398.JPG

 

H:僕の大学生の時の意識との

  違いがすごくてビックリです。

  資格講座を受講するにあたって、

  なにか意識していたことってある?

 

 

宮:うーん。そうですね。

  一つ一つの事に対して

  目標を決めてやろうと思っていたかな。

  就職に役立つといったけど、

  それと目標は強く結び付いていない気が・・・

 

 

H:いやいや、十分ですよ。

  積極的だった結果、公務員という道が見えて、

  結果がでたわけだしね。

  

  サークルとかは入っていたの?

 

 

宮:それ!!

  いま思い返すとすごく後悔してて、

  何も入っていなかったんです。
  サークルとかボランティアとか

  もっとやっとけばよかったって。
  

  でも、公務員対策で必死だった

  というのもあるんですけどね。

   

 

 

積極的にできることをしていた宮本さん。

次回は入学当時について紹介します。
 

 

こんにちは、HKYです。

宮本さんのお話、第1話は就職についてでしたね。

 

第2話は、卒業論文のお話を紹介します。

 

 

H:卒業の関門である卒業論文は

  何をテーマにしているんですか?

 

 

宮:まさに今、最後の追い込みなんです。

  テーマは「大学を選ぶ基準として偏差値は
  気にするか(2012月1月現在)」です。

 

 

H:いつから準備し出したの?

 

 

宮:ちょっと遅かったんですが、

  公務員試験に合格した夏ごろからです。

 

 

H:就職活動終わってからというのは

  よくある話なので、そんなに遅くないよ!!

 

 

宮:そうですか??

 

 

H:卒業論文の情報収集は

  どのような形で進めてるのかな?

 

 

宮:既存データの収集をして、分析しています。

  なかなか手に入らないものが多く

  苦労しています。
  

  DSC_8272.JPG

  やってて再認識させられるのですが、

  偏差値を基準にしているというのが見えてきます。

  自分の学力にあっているという前提で

  選んでいますね。

  

  他には知名度があります。

  とにかくみんなが知ってる大学に行きたい

  という理由だけですね。

 

 

H:なるほど、興味深いですね。

 

 

宮:もちろんそうした理由が

  ダメだとは言いません。

  大切な理由だと思います。
  DSC_8266.JPG

  

  だけど、それだけで大学を決めてしまうと

  入学後のミスマッチが非常に

  大きくなってしまうのではないかと考えます。

 

 

H:それって本当にもったいない話ですよね。

 

 

宮:はい。

  ここをどう結ぶかにいま悪戦苦闘しています。

 

 

 

 

公務員試験後に取り組み出したとは思えないほど、

しっかり卒業論文について考えている宮本さん。

 

次回はキャンパスライフについて

振り返ってみたいと思います。
 

 

法務省近畿矯正管区刑務B近畿に就職した
宮本友香里さん(経済学部経済学科

2012年卒業)に大阪経済大学で過ごした

4年間についてお話を伺いました。

 

 

H:今日はよろしくお願いします。

  オープンキャンパススタッフとかで
  顔見知りな宮本さんなので、

  いろいろ気軽にお聞きしようと思います。
  

  では、早速ですが、

  公務員を目指そうと思ったのはどうして?

 


宮:大学在学中、将来、漠然とどうしようか

  悩んでいたんです。 実は。

  アルバイトでいろんな経験をしたり、

  資格取得をしたりしました。

  「何のために?」と言われると答えにくいんですけども・・・。

 

  今しかできない事どんどんやろうと思っただけかな?

  そうした行動を続けていった結果、私は公務員が

  自分に向いているんじゃないかと思いだしたんです。

  DSC_8259.JPG
 

 

H:誰かに何かを言われてやったんではなく、

  自分なりにとにかく何でも経験しようと思ったわけね。

 

 

宮:そうです。

  だって、大学生って時間のやりくりを

  自分でできるから、やろうと思えば

  色々やれるじゃないですか。

  

 

H:確かに。

  では、もう少し具体的に教えてください。

  公務員試験の対策は
  いつごろから、どんなことをしたの?

 

 

宮:準備をはじめたのは、

  2回生の冬からでした。

  専門学校にも行こうと思って、

  大学内であった説明会に参加しました。

 

  そこで行きたい専門学校を決めたんです。

 

 

H:あれ?

  大学でも資格支援してるけど、

  そっちは使わなかったの?

 

 

宮:もちろん、最初は大学での

  支援も受けていました。

  でも、学内でなく学外を選んだ理由は、

  私の性格の問題なんです(笑)。

 

  他大学の人たちと切磋琢磨した方が

  学習の進度があがるんです。

  すごく、刺激をうけるというか。
  miya1.JPG
 

 

H:なるほど。

  2回生の冬から準備したってことは、

  期間は長いし、大変だったと思うんだけど、

  辛い思い出ってある?

 

 

宮:3回生の夏と冬は、

  とにかくきびしかったんです。

  本格的な対策に向けて

  どんどん科目数が増えていきました。

  大学の講義も学内ゼミ大会の準備や
  西日本インカレの準備も全部重なってきて、

  すごくハードな期間でした。

  何度もやめようかと思ったり。

  ゼミの合宿にも参加できなかったりと

  ちょっとさびしい時もありました。

 

とっても、ハードな大学生活を過ごした宮本さん。

次回は卒業論文について紹介します。
 

どうも!広報スタッフMSPです。

 

第3話は古賀さんの学生生活について

お届けしました。

 

第4話は古賀さんが高校生だった頃のお話を
紹介します。

 

 

M:どうして古賀さんは

  大経大の人間科学部を選んだの?

 

 

古:兄の友達が大経大生だったので

  直接話を聞いたり、大学の事や

  学部・学科について自分で調べる中で、

  一番興味が湧いたからです。

 SAO10.JPG

 

M:在学生からの話って、

  大学生活をイメージしやすいよね。
  
  受験勉強はどうやって進めてたの?

 

 

古:塾に通って、赤本を解いて

  入試対策をしていました。

 

 

M:高校生の頃の大学のイメージって

  どんな感じ?

 

 

古:青春。笑 
  

  友達と喋ってわいわいして…

  そんなイメージでした。

 

 

M:古賀さんの学生生活

  そのものじゃないですか。

 

 

古:そうです^^
  希望通り、希望以上の学生生活でした。

  

  サークルにも入ったし、リーダーもしたし、

  毎日が充実していました。

  

  それはやっぱり、

  自分で何かを始めようとする

  姿勢があったからだと思っています。

  

  他の人よりも

  大学を楽しんでいる自信はありますよ^^笑

  SAO11.JPG
  

 

 

M:では最後に受験生の皆さんに

  メッセージをお願いします。

 

 

古:自分から積極的に行動すれば、

  大学生活は絶対に楽しくなります。

  そのためにも、色んなことに積極的に

  足を踏み入れてください。

 

 

■古賀さん、ありがとうございました。
 これからも持ち前の諦めない心で、
 いろんなことにチャレンジしてくださいね★
  
  
  

どうも!広報スタッフMSPです。

 

第2話は古賀さんの卒業論文について

お届けしました。

 

今回は古賀さんの学生生活について

紹介します。

 

 

M:どんな学生生活でしたか?

 

 

古:一言で言えば「青春」。笑
  食堂で友達と喋ったり、

  わいわいして過ごしました。
  

  地元の友達からも学生生活を楽しんでる
  とよく言われます。

  SAO9.JPG

 

M:学生生活で印象に残っていることは

  どんなこと??

 

 

古:3年間キャンプリーダーとして

  活動したこと!
  

  しんどいことや辛いこともありましたが、
  自分が1番成長できた場所だと

  思っています。

  057.JPG

 

M:キャンプリーダーって新入生キャンプで
  新入生をサポートするボランティアですよね。
  

  どんなとき「成長したな」って感じる?

 

 

古:人前で話せるようになれたし、人見知りも

  少し解消されたと感じています。

 

 

M:キャンプリーダーって

  人前に立つ機会も多いと思うんですが

  何故リーダーになろうと思ったの?

 

 

古:私が新入生の時に参加したキャンプで

  リーダーをしてくれていた先輩を見て

  とても楽しそうと思ったからです。
    

  私もその輪の中に入りたい!

  と思ったのがきっかけです。

 

 

M:新入生キャンプで印象に

  残っていることってありますか?

 

 

古:人間科学部はG.W.明けに

  キャンプに行くのですが、

  入学してすぐ仲良くなった子が

  偶然同じグループでした!

  

  少し新鮮味には欠けましたが、

  楽しかったです。

  プログラムの中でも

  特に印象に残っているのは

  トラストフォール!

 

 

M:トラストフォールってこれですよねっ!?
  
  写真 1.jpg
  
  

  どうだった??

 

 

古:普段しない経験ができましたし、単純に
  人ってすごいんやなぁと思いました。

 

 

M:卒業するまで3年間リーダーをしていた
  そうだけどなぜ続けられたの?

 

 

古:人前が苦手で人見知りな私でも続けられたのは

  何事も途中で投げ出すことが嫌だという性格と、

  一緒にリーダーをしているみんなが好きだったから。
  

 

  しんどいからこそ、大きなやりがいも

  感じることができたのだと思います。

 

  つづく…

こんにちは、HKYです。

今日は大阪経済大学人間科学部必修科目の紹介です。

みなさん、人間関係はうまくいってますか?

ちょっとしたプロフへの書き込みでもめたり、悩んだり

してませんか?これだけSNSを使っていくと、自分は気づいて

なかったけど、友達との関係を壊してしまっていたりと

難しい社会になりました。

 

で、この講義ではリアルな人間関係とは何かをじっくり

考えて、体感していきます。しかも、ボランティアで上級生が

参加し、彼ら彼女らのサポートもたくさんあり、横のつながり

だけでなく、上下関係も体感できます。

 

ちょこっと、その実習をおみせしますので、こちらをご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=DiH7puV-QRQ&list=UUzRN8j05tNABquS0ASVSMYQ&index=1&feature=plcp

http://www.youtube.com/watch?v=akUw7V0qGzM&feature=relmfu

もっとみたい方は、本学You tube チャンネルへ

http://www.youtube.com/user/osakakeizaidaigaku

どうも!広報スタッフMSPです。

第1話は古賀さんの就職活動について

お届けしました。

 

第2話では、古賀さんの卒業論文について

紹介します。

 

 

M:古賀さんの卒業論文(以下、卒論)の

  テーマを教えてください。

 

 

古:テーマは「友達」です。

 

 

M:内容を簡単に教えてください。

 

 

古:友達の定義や友達の境界線、男女間に

  友情は成立するのかなど友達に関する

  疑問について卒論を書きました。

SAO1.JPG

 

M:卒論に取り組む中で、

  どんなところが大変だった?

 

 

古:私は4年生の春にゼミを異動したので、
  他の人に比べて取組期間が短く、

  タイトなスケジュールの中で

  卒論を完成させました。
  
  

  その中で研究の為のアンケートを

  作成、実施、回収、解析という流れが

  一番大変でした。

  

 

M:すでに卒論を完成させたということですが、

  卒論を書き終えて、いかがですか?

 

 

古:友達ということについて改めて深く考える

  機会を持つことができました。

  友達の存在は本当に大切だなということを

  強く感じています。

SAO5.JPG

 

つづく…

|1|2|All Page