こんにちは。広報スタッフMSPです。

 

第2話では池井さんの卒業論文のお話を紹介しました!

今回は、池井さんの学生生活について紹介します。

 

 

M:学生生活はどうだった?

 

 

池:楽しかったです!

  高校時代は部活漬けの毎日で、「学校が楽しい」

  という思い出はあまりなかったのですが、

  大学はとっても楽しかった!

 

 

M:特に印象に残ってることってある?

 

 

池:サークルでの合宿です。

  asa9.JPG

  (写真はイメージです。)

  私はバレーボールサークルに入っていて

  週1回大学の近くの体育館でバレーボールをしています。

  そのサークルでわがままでとても楽しい先輩や後輩、

  合わせて30人で行く合宿の企画をしたんです。

  本当に大変でしたが、とても達成感を感じることができました。

 

 

M:在学中は資格とか取った?

 

 

池:中学校・高等学校教諭一種免許状(保健体育)と

  健康管理士一般指導員の資格を取りました。

 

 

M:なぜその資格を取ろうと思ったの?

 

 

池:もともと体育やスポーツが好きだったし、

  高校時代は健康スポーツにまつわる学科に

  所属していたこともあり自然と興味がありました。

  また、大学の4年間で何か頑張った証を残したい

  と思っていたので挑戦しました。

 

 

つづく…

 

 

こんにちは!広報スタッフMSPです。

 

第1話では池井さんの就職活動のお話を紹介しました!

第2話では、池井さんの卒業論文のお話を紹介します。

 

 

M:では続いて、卒業論文(以下、卒論)の

  テーマを教えてください。

 

 

池:「歩行に関する一考察 -擬似妊婦の障害物歩行-」です。

  

 

M:どんな研究なんですか?

 

 

池:妊婦さんはおなかが大きいので、足元の視界が狭く危険です。

  そんな妊婦さんは妊娠していない人と比べて、

  歩くスピードや歩幅に違いはあるのかということについて調べています。

 

 

M:どうやって調べるんですか?

  妊婦さん呼んだの?

 

 

池:妊婦を疑似体験できるスーツを着るんです。

  そして特別な機械を使って歩行時の前後、左右、垂直への

  力のかかり方を測る実験をしました。

  asa13.jpg

  (こんな装置を使って研究しています!)

 

 

M:大学にはそんな機械があるんですね!

  どんなところが大変ですか?

 

 

池:データ処理です!

  この研究はデータ数がとっても多くて、

  処理するのにも時間がかかるんです。

  

  1秒間に約2400個ものデータを取ることができる機械で、

  1人あたり約3秒のデータを取ります。

  しかもそれが7人分…。

 

 

M:全員のデータを合わせると……………

  考えないでおきましょう。

  卒論に取り組んでみてどう?

 

 

池:それまでとても苦手だったパソコンが使えるようになりました。

  膨大なデータを処理する中で、精神的にも強くなれたと思います。

  卒論があるからこそ4年生になっても毎日学校に来ているし、

  4年間で1番勉強していると思います。

  ASA7.JPG

  また、卒論を進める中で、ゼミ内で発表する機会がたくさんあるんですが、

  私たちが発表したことに対してゼミのメンバーは本音で指摘してくれます。

  私ももちろん、他の人の発表には本音で指摘します。

 

  私の所属しているゼミはとっても一体感があるんですよ。

 

 

つづく…

 

 

こんにちは!広報スタッフMSPです。

 

今回は4月からオリジン東秀株式会社に就職した

人間科学部・人間科学科の池井麻さんに

お話を伺いました。

 

※取材は2012年1月に行いました。

 

 

M:今日はどうぞよろしくお願いします。

  早速ですが、池井さんがこの企業に

  就職を決めた理由を教えてください。

 

 

池:この企業は東京で始まって、現在は関西で拡大中の企業です。

  急成長をしている企業ということもあり、

  未来がありそうだなと感じてここに決めました。

  ASA3.JPG

  また、4年間続けているバイト先の店長に薦められたことも理由の1つです。

  

 

M:就職活動(以下、就活)はどうだった?

 

 

池:最初は自分のやりたいことがわからず、

  どんな企業を見たらいいのかもわかりませんでした。

  ただ漠然と接客がしたいなぁと思っていたんです。

 

  接客のできる仕事って何だろうと考えた時、

  今のバイトでは「親しみのある接客」や「お客様に密着した接客」

  が経験できていると気付き、就職しても同じような接客ができる企業に

  就職したいと思うようになりました。

 

 

M:「親しみのある接客」とか「お客様に密着した接客」って

  どんな接客なの?

 

 

池:常連のお客様に顔を覚えてもらったり

  世間話をしたりと「ファンを作る接客」です。

    

  働きだしたら、まず私のファンを作ることが目標。

  お客様に「あの店員さんがいるからこの店に来た」

  と言ってもらえるような店員になりたいと思っています。

 

 

 

つづく…

どうも!広報スタッフMSPです。

第3話では出口さんの卒業論文について紹介しました!

最終話の今回は、出口さんの学生生活を中心に

紹介していきます。

 

 

M:この4年間、どうでしたか?

 

 

出:2年生の終わりに部活を辞めたり、

  ゼミを異動したりと前半の2年間と後半の2年間とでは

  ガラリと生活が変わりました。

 


  
M:在学中に何か資格は取りましたか?

 

 

出:中学校・高等学校教諭一種免許状(保健体育)

  を取りました。
  高校までずっとスポーツをしてきたし、教える

  ということが好きで小さい頃から先生になりたいな

  と思っていたので。
  
 

 

M:高校生の頃は、

  大学ってどんなところと思ってた?

 

 

出:大教室で先生がひたすら喋って授業をする

  と思ってましたし、好きな時間割を組んで、

  みんなで遊ぶのが大学生だと思っていました。

 

 

M:じゃあ実際はどうだった?

 

 

出:人間科学部の授業は先生が話すだけでなく、

  グループワーク形式の授業も多かったです。
  そのおかげでみんながみんなと仲がいいし、

  友達の友達が友達になって友達が

  どんどん増えていきました。
  

  大学の友達は、バイト先にも地元の友達にも

  自慢したくなる素敵な人ばかりです。

   IMG_2737.JPG

  IMG_2739.JPG

 

M:では最後に受験生の皆さんに

  メッセージをお願いします。

 

 

出:今、将来何になりたいか不明確な人も多いと思います。
  それを探すために大学に行ってもいいと私は思います。
  今思っていることと、これから3年後思っていることは

  違うと思うし、やりたいことは色々と変わるもの。
  

  深く考えすぎずに、今思っていることを大切にしてください。

  IMG_2745.JPG
  ただ、進路を決めるときに、自分は何に興味があるのか

  ぐらいは絞っておいたほうがいいのかなと思います。

 

 

■出口さん、ありがとうございました。
 これからも夢に向かってがんばって!

 ちなみに、2011年度からは

 大経大でも小学校教諭一種免許状が

 取得できるようになりました!

 詳しくはホームページや大学案内でご確認ください!

どうも。広報スタッフMSPです。
 
第2話までは出口さんの進路選択について

紹介しました。


今回は出口さんの卒業論文について紹介します。

 

 

M:では続いて、卒業論文(以下、卒論)の
  テーマを教えてください。

 

 

出:「ウォーミングアップにおける一考察
  -乱数表を評価方法として-」というテーマです。

 

 

M:乱数表!?
  それって何??

 

 

出:0から9までの数字をでたらめに並べた

  表のことです。

  rannsuu.jpg

  (写真はイメージです)

 

 

M:どんなことをするんですか?

 

 

出:ウォーミングアップをしない状態で乱数表を使って

  計算した場合とウォーミングアップをした後に

  乱数表を使って計算した場合とでは作業率に

  変化は見られるのかということについて研究しています。

 

 

M:何故このテーマで研究することにしたの?

 

 

出:指先を動かすと末端神経が刺激され、
  脳が活性化されて状況判断が早くなる。
  という研究はたくさんあるのですが、

  足を動かすと同じように末端神経が…

  という研究はあまりなかったからです。

   IMG_2744.JPG

 

M:どんなところが大変ですか?

 

 

出:私のゼミでは何人かのチームに分かれて
  研究を進めています。

  メンバーが就活で忙しくなるとみんなの予定が

  なかなか合わず、一緒に作業ができない時期があり、
  チーム内がギクシャクしてしまいました。
  今ではそんなこともなくなりましたが、
  もっと早く団結していればよかったと思っています。

 

 

M:いつから卒論に取り組んでいるか覚えてる?

 

 

出:3年生の春からです。
  まだ完成していないので、今は毎日

  卒論に追われていますが、

  これが完成したときのことを考えると

  ・・・とても楽しみです。

 

 

つづく…