HKYです。

高橋さんのお話も4話目に突入です。

今回は就職に関するお話。どうぞ。

 

 

H:但陽信用金庫さんに

  内定したということですが、

  金融機関を目指そうと思った

  理由はなんですか?

 

 

高:経済学部に入学して

  講義を受けているうちに、

  徐々にお金の流れについて

  興味を持ち始めました。

  そういう時間が続くにつれて

  就職するなら金融機関にしようと思ったんです。

  そこで、3回生になって

  インターンシップを履修し、

  信用金庫さんに受け入れてもらいました。

  20110811 062.JPG

  (写真はイメージです)

  

  そこで経験したことが強い動機になり、

  就職活動では金融機関を中心に活動を続けました。

 

 

H:そこまで絞って動いて、

  結果出すってすごいですね!

  気になるんですけど、

  強い動機になったきっかけって何ですか?

 

 

高:ええええ、あんまり言いたくないです。

 

 

H:いや、そういわれると

  余計に気になるんですけど。。

 

 

高:・・・受け売りなところもあるのですが、

  命の次に、人がこの社会で生きていく上で

  「お金」は欠かすことのできないものだと

  思ったからです。
  これいうと、「お金好きだね」って

  いわれそうで嫌なんですけど。。。

   TAKA1.jpg

 

H:全然悪くないよ。気にしすぎだって。

 

 

高:働く上で大切にしたいと思っていたことは、

  単純かもしれませんが「人のためになる」です。

  金融商品を買うのは、人にとって利益があるから
  だと思うのですが、ただそれだけで

  買っているというわけでもないと思います。

  たとえば、A銀行の方が利率はいいけれど、

  B信用金庫は利率は少し低い。

  でも、担当者がとても信頼できる人だとすると

  B信用金庫を選択する人はいると思います。

  そうした信頼を持ってもらえるような、

  やりがいのある仕事をしたいと私は考えています。

  その結果、感謝されれば、すごくうれしいですし。
 

 

 

つづく・・・

コメントを投稿

名前

コメント

  • ホーム