人間科学部田島良輝准教授より

恒例の上海体育学院へのスポーツ海外実習の様子が送られてきましたので、

ご報告します。

 

 

人間科学部スポーツ健康コースでは、310日から16日の7日間、

スポーツ海外実習(上海)へ行っています。

2回の参加者は1年から2年生の7名です。

 

今回は京都学園大学、金沢星稜大学、神戸親和女子大学と

本学の4大学合同で上海体育学院へ訪問しています。

 

1-1.jpg

 

実習報告

310日(日)1日目

関西国際空港より出発

 

311日(月)2日目

午前

講義  上海体育学院の今

(朴美子 先生)

 

本実習のコーディネートもお願いしている朴先生より、大学で学ぶ内容や入試の方法まで、

上海体育学院のいま、を教えていただきました。

 

上海体育学院は、これまでオリンピックや世界選手権で約50の金メダルを獲得した、名門。

 

また、マスメディア学部もあり、スポーツメディアの世界で活躍する卒業生も多くいるそうです。

 

中国のスポーツ選手育成や、スポーツに対する考え方も、近年変化がみられることも知りました。

 

午後

上海体育学院の施設見学

 

午後からは広大な上海体育学院の施設を見学しました。

 

ビル一棟分の卓球場。室内陸上競技場など日本ではみることのできないスケールの大きさに学生たちは、驚いていました

 

番外編

夜は、上海体育学院に世界中から集まった留学生が、ウェルカムパーティーを開いてくれました。

コメントを投稿

名前

コメント

ミユ
 
  • ホーム