シャンパーニュ地方オーヴィレール修道院内の碑、そこに眠るのは、かのドン・ペリニョン修道士。
 
170824-1.jpg
 
ヴェネディクト派修道士のドン・ペリニョンDom Pérignonは1668年にここオーヴィレール修道院の出納(すいとう)係に任命されました。
ドン・ペリニョンの生涯はフランス王ルイ14世(1638-1715)とほぼ重なり、当時はフランスがヨーロッパ大陸で権勢を誇っていた時代です。
 
ワインはキリスト教の儀式にとって欠かせないものであると同時に、当時の教会にとっては収入を得るための貴重な商品でした。
したがって修道士たちは並々ならぬ熱意をもってブドウを栽培し、ワインを醸造しました。
 
さて、シャンパンの発明者とされるドン・ペリニョン。
彼がシャンパンの発明に大きく貢献したことは確かなのですが、一方で、やや神格化されたことで事実とは異なる話も多いようです。
そうした中でも信憑性の高いエピソードは、彼が造ろうとしていたのが、なんと「泡の出ないワイン」だったということです。
シャンパーニュ地方は冷涼な気候の地域であり、秋にアルコール発酵を終えることのできなかったワインが、春になって再び瓶の中で発酵することがありました。
こうなってしまうとワインの質も安定せず、また、瓶内で発生した炭酸ガスの圧力で瓶が割れたりと危険です。
そうしたことがないよう、ドン・ペリニョンはさまざまな工夫を凝らしたそうです。
彼がシャンパンの質の向上に貢献したことは確かです。
ところが、彼の意に反して、当時の英国やフランスのサロンでは、発泡酒のシュワシュワとはじける泡の感じが大評判になったというのです。
 
170824-2.jpg
 
修道院は最寄りのエペルネ駅から車で10分ほどですが、この日は訪れる人も少なくひっそりとしていました。
 
170824-3.jpg
 
「修道士の小道」、市販の絵はがきにもこのアングルのものがありました。
 
170824-4.jpg
 
丘からはブドウ畑が見下ろせます。
黒ブドウが色づいています。
 
その世に名を轟かすドンペリことドン・ペリニョン。
こうした背景に思いを馳せると少しイメージも違ってきませんか。
以上、鈴木でした。
 
*ドン・ペリニョンについては、ヒュー・ジョンソン『ワイン物語』小林章夫訳、2008年、平凡社、中巻第21章「最初の完全主義者――シャンパーニュの誕生」(pp.125-147)を主に参照しています。
鈴木隆芳
経済学部 経済学科
ルーブル美術館やオルセー美術館など、パリには世界に名だたる美術館があるのですが、今回訪れたのは、そした巨匠とはまるで正反対のこじんまりとした博物館。
こちら何の博物館かと言うと、言語や言語学を扱った博物館で、名称をムンドリングアMundolinguaといいます。
 
この博物館、もちろん学術的な意義はあるのでしょうが、まあそれはそれとして、むしろ今回印象に残ったのは、随所に見られるシュールな要素や、巨匠には絶対ない「ゆるい」展示物です。
まさに博物館界のゆるキャラといった感じです。
 
 
170823-1.jpg
 
一昔前の散らかったオフィス?
いえいえ、これもれっきとした展示物です。
なんでも言語を記録する媒体の変遷の歴史なんだとか。
埃にもまみれて、時代感がリアルです。
 
170823-2.jpg
 
ホラーハウス?
どうやら発音のメカニズムの説明のようです。
展示に洋服用のハンガーを多用してます。
 
170823-3.jpg
 
いったいこれはなんでしょう?
魔除け?
よくよく見ていくと「言語は芸術artでもあり、情報infoでもある」という意義のあるご指摘。
それにしてもキューブ状のモビルはいったい何を意味しているでしょうか?
ここにもハンガーです。
 
170823-4.jpg
 
モノがあふれかえります。
どこ&なにを見たらよいのでしょう。
ここの通路を通ると、かなりの頻度で手すりに腰をぶつけます。
 
入場料もたった7ユーロ。
パリにお越しの際は訪れてみてはいかがでしょう。
以上、まもなく帰国の鈴木がお送りいたしました。
鈴木隆芳
経済学部 経済学科
アルザス地方ストラスブールを訪れました。
 
170807-1.jpg
 
伝統的な舞踏の披露。女性のリボンは、年齢や、未婚か既婚等といった女性のステイタスによってそれぞれ異なるタイプがあるそうです。
 
170807-2.jpg
 
お土産アルザスちゃん
 
ここストラスブールはドイツとの国境の都市で、町の風景もドイツに近い印象があります。
 
170807-3.jpg
 
何気なくシャッターを切っても、こんな写真が撮れます。
ストラスブールには世界遺産に登録された地区もあり、美しい町並みがいたる所に見られます。
 
すぐお隣がドイツですから、ドイツからの観光客も多く、フランス語とドイツ語の二言語が併記されている
掲示が多く見られます。
 
アルザス地方は、ドイツとの国境にあることから、両国間の戦争等によってドイツ領であった時期もありました。
そうした経緯のため、アルザスの人々には独自の帰属意識があるようです。
 
さて、アルザスはワインの銘醸地(めいじょうち)でもあります。
フランスでもとりわけ降水量が少なく、ブドウ栽培に適した土地なのです。
 
170807-4.jpg
 
丘の上から見下ろしたブドウ畑と古い町並み。奥に見えるのがヴォージュ山脈。
 
訪問したワイナリーのひとつAnna et André Durrmannでは、土壌による違いを確認しつつ試飲です。
また今回も本気です(笑)
 
170807-5.jpg
 
土壌を形成する石。これらによってワインの味に違いが生じると言われています。
 
170807-6.jpg
 
また、その年(ヴィンテージ)のブドウの出来具合によっても、ワインの味は大きく左右されます。
 
私には、ブドウの出来のそれほど良くない年の方が好ましく感じられたので、恐れながらもその事を
率直に言うと、ニヤッと微笑みを浮かべながら、それぞれの年の味の必然性について説明して下さいました。
収穫にベストな時期を見極め、そのブドウのポテンシャル(可能性)を最大に引き出す、
結果、年によって個性の異なるワインができる、というお話でした。
ブドウの出来の良し悪しは、ワインの良し悪しにそのままつながらないということなんですね。
わかりました、ムッシュ。
 
170807-7.jpg
 
ワインは工業製品一般とは異なり、生産ラインをフル稼働させたからといって生産量を急に増やすことができません。
畑で栽培されるブドウが原料ですから、土地からの影響を大きく受けます。
また、どこの畑のブドウを使ったのか、ということが重要な意味を持っていて、同じ品種のブドウを
使っても、特定の区画から作ったものが他よりも数倍高い価値を持つことも珍しくありません。
このワイナリーでは「環境をデザインする」するパーマカルチャーpermacultureの理念に根ざしたワイン生産を行っており、そうした環境への配慮についてのお話も興味深く拝聴しました。
鈴木隆芳
経済学部 経済学科
7月14日。
フランスの祝祭日のうちで、最も重要な日をあげるとすれば、おそらくこの日になるでしょう。
1789年7月14日、パリの民衆がバスティーユ牢獄を襲撃したことがフランス革命の発端となりました。
その後、さまざまな経緯はありましたが、この革命は、後の共和制樹立の発端となりました。
 
現在では7月14日はフランス共和国の成立を祝う日になっており、各地で様々なイベントが催されます。
その中でも、とりわけ大きな行事は、パリのシャンゼリゼ大通りで行われるパレードです。
 
image001.jpg
 
パレードの主な内容は、こうした軍事パレードですが、中でもとりわけ人気のあるのが消防士です。
この日の夜には、パリの消防署のいたるところで、一般の人も参加できる消防士さんとの
ダンス・パーティーがあります。
 
今年のパレードには、トランプ米大統がゲストで参加し、これがメディアの取り上げるところとなりました。
 
image003.jpg
 
また、この日からちょうど1年前には、南仏ニースでトラックを使ったテロ事件があり、
そのことを一面に取り上げる新聞もありました。
 
image005.jpg
 
エッフェル塔では花火が上がります。
自宅近くの見晴らしの良い通りに出て見ようとしたら、すでに多くの観衆が詰めかけていました。
 
image007.jpg
 
ここは私の住んでいる自宅からすぐ近くで、実はエッフェル塔からはかなり距離があるのですが、
それでもこの混みようです。
あらかじめ配備された警備員の姿も多くありました。
 
image009.jpg
 
この時期のフランスは、日が暮れて暗くなるのが夜10時過ぎです。
花火は夜11時頃から始まり30分程度続きました。
パリは東京に続く2024年オリンピックの招致活動を行っていて、
ここからはよくわからなかったのですが、そのことをモチーフにした花火もあったようです。
では、また近々。
鈴木隆芳
経済学部 経済学科

クイズ! 次の短歌Aと短歌Bでは、どちらが良い歌でしょうか?


A 空き巣でも入ったのかと思うほどわたしの部屋はそういう状態
B 空き巣でも入ったのかと思うほどわたしの部屋は散らかっている
(穂村弘さんの『はじめての短歌』を参照しています。)

 

鈴木です さりゅー

文章の書き方を指導をされたことってあるでしょ。
そんな時、先生に「もっと簡潔に」とか「もっとわかりやすく」とか言われませんでしたか。
たしかに、そうした簡潔で平明、かつビジネスライクな作文が求められる場面は少なくありません。
連絡のメールもしかり、集合の場所や時間などの用件が正確に伝われば事足りる。
休講の掲示もそうだね。何曜日何限が休講ってわかれば、ラッキーってなるし?!

でもね、そうではない世界があるんです。わかりやすくちゃだめな世界が。

 

冒頭の短歌のクイズ、正解はAです。Aの方が良い短歌。
Aの短歌「そういう状態」と言われるといろいろ想像が広がるけど、一方で、

Bの短歌「散らかっている」にはそんな余地がない。

「散らかっている」と言われれば「ああそうですか」と納得して終わり。

このAの短歌を作った平岡あみさんは当時中学生くらいだったそうです。

たしかに、「そういう状態」ってどんな状態なのかすごく気になりませんか?
なにかただならぬことが起こっている感じ。

 

でも、これって、ビジネス文書や実用書のお手本にかなり逆らってますよね。

一番肝心なところが「そういう状態」、つまりXのままなんだから。

詩歌の価値が、モノの交換を扱う経済の価値と異なるのはこの点です。

経済上のコミュニケーションの利点は、なんと言っても、

価値が貨幣というグローバルな交換価値に還元されること。

要するにHow much is this?というコミュニケーションのスタイルで、

国境を超えてだれとでも通じ合える。

どんな得体の知れないものでも、その値段がわかるとちょっとほっとするでしょ。

その一方で、私たちはこうしたグローバルな価値の世界とは別の

もうひとつの価値の世界にも属しています。

その世界とは、交換可能な価値に還元できない価値の世界。
唯一無二の価値の世界。

 

会社では課長の代理は必要。課長は同じ内容の仕事ができる人がいれば代わってもらえる。

でも、その人が帰宅してお父さんになると、お父さんに代わりはいない。
それに、お父さん代理がいつも控えている家庭なんて困るでしょ。
同じ人物が、ある時は課長で、ある時は父親というように二重の生を生きている。

 

170623-1.jpg


「ぼくにとって、きみはこの世界でたったひとりの男の子になるよ。
きみにはぼくが世界でたった一匹のキツネになるんだね。」
(サン=テグジュペリ『星の王子さま』より)

 

交換できる世界と交換できない世界、というように二重の世界が交錯している。

労働・生産・消費などは前者の交換できる価値をやり取りする世界。
交換できるからこそ価値が生まれる世界。こちらも生きていくのには不可欠。

 

その一方で、詩歌は交換できない価値を扱う世界。
他のもので置き換えることのできない唯一無二の意味や価値を重んじる世界。
その証拠として「××は○○を意味しています!」などと明言せずに、

肝心なことをXにしたまま読み手に差し出した方が良い歌になります。

ためしに下の二首でどこがそのXに相当するかわかりますか?

 

たちまちに君の姿を霧とざし或る楽章をわれは思ひき     近藤芳美
貪欲な兎をゲージに飼っておくそういう罪を毎日犯す     鈴木晴香

 

恋人の姿が霧に隠れた時、ふと聞こえてきた「或(あ)る楽章」って、

いったいどんなメロディーなの? それってだれのなんていう曲?

 

「貪欲な兎(うさぎ)」っていうけど、それってどんな兎?
その兎をおりに閉じ込めて飼うことって、いけないことなの? 
もしかしたら逮捕されちゃう?

 

とか、具体的にはわからないまま。

でも、そこがいいんです。いろいろ想像できちゃうし。
それに、この場合の想像って、でたらめな妄想とはちがって、ある程度は共有したり共感できる要素がありませんか? 
「あーあのことじゃないかな」と思い当たる。

こうした詩歌の価値について歌人の穂村弘さんが書いた本、『はじめての短歌』。

 

170623-2.jpg


鈴木ゼミの教科書の一冊。
短歌の入門書という形をとっていますが、あまりそんな感じはしません。
むしろコミュニケーションに悩んでいる人におすすめします。

コミュニケーション用の「伝わる言葉」と、詩歌の「印象に残る言葉」、

この二つの言葉の世界ってどうなっているの?ということがわかります。
ここぞという時に人に差をつけたい時のマニュアルです。意外なほど用途は広いね。
本書の書評を書きました。以下からダウンロードできます。こちらも是非。


鈴木隆芳書評、穂村弘『はじめての短歌』in「大阪経大論集」第68巻1号

鈴木隆芳
経済学部 経済学科
さりゅー 鈴木です。
私の住んでいるパリ14区。
いわゆるおしゃれなパリからは少し離れた庶民的な地区です。
 
170613-1.jpg
 
写真に撮るとそれなりに絵になるけど、普通のパリの町並みです。
それでも、あえて特徴をあげるとすれば、小売店から成る商店街が元気なことです。
 
170613-2.jpg
 
肉屋
フォアグラも日本に比べられたら驚くほど安い。
ソテーしてパンに挟んで豪快に食すもよし。
パテをアテにグラスを傾けるもよし。
 
170613-3.jpg
 
果物屋
なぜここにアスパラガス?! ややカオスな陳列ですが商品は充実しています。
スイカはフランス語でパステック!
勢い良く切るとそんな音が聞こえそうです。
 
170613-4.jpg
 
チーズ屋
本日のおすすめが看板に書かれています。
4品目の中にはイタリアやギリシアのチーズもあります。
こうしたチーズ屋では量り売りが基本です。
「少しでいいから」って言うのに、いつも大きく切ってくれちゃいます。
 
170613-5.jpg
 
行列のできるパン屋さん。
行列の理由は、パンが美味しいからと、お会計の作業がスローだから。
バゲット(フランスパンね)が1ユーロ(約124円)。
 
そして、こうした商店街の中にスーパーマーケットもあります。
 
 
170613-6.jpg
 
モノプリという大手チェーンのスーパー。
スーパーですから、もちろんここには肉も果物もチーズもパンも売っています。
それでも小売店にはお客が絶えません。
 
この界隈がことさら特別というわけではなく、こうした商店街がパリには多くあります。
場所によっては、マルシェ(市場)が出たり。
 
大手資本のスーパーと小売店が共存できているのには、さまざまな事情があるのでしょうが、
まあ、これもパリの魅力のひとつです。
 
あろー あびあんとー
鈴木隆芳
経済学部 経済学科

こんにちは。経済学部教員の上宮智之です。

 

大学はもうあと1か月ほどで春学期が終わります(大学は春と秋学期の2学期制)。

講義が佳境に入るこの時期(6月末から7月上旬)は夏の学会シーズンでもあります。

大学教員は、普段講義をしているだけではなく、週末を中心に、各地(国内や海外)

で開催される学会や研究会にも参加します。そこでは新しい研究成果を聞いたり、

みずからの研究成果を発表したりします。

 

上宮も最近,学会や研究会のために,仙台や福井に出張しました。

学会出張は、あくまで研究のためですが、空き時間を利用して研究者仲間たちと

観光する・美味しいものを食べる、という楽しみもあります。

お土産選びも毎度楽しみにしています。

 

今週末(628日・29日)は、マルサス学会に出席するため、

北海学園大学へ行きます。そう!北海道!学会がなくても,

共同研究の関係もあって,上宮は年に2回以上のペースで北海道を訪れています。

何度行っても北海道は楽しく,美味しいものがいっぱい。あまり時間がないとき

でも新千歳空港のお店を見て回るだけでも十分に楽しめます。

 

 

ときとして研究がうまくまとまらずに落ち込むこともありますが,

学会出張は密かに毎回楽しみにしています。それでは北海道にいってきます!!

uemiya_blog.jpg
上宮智之
経済学部 経済学科

ボジュー。こんにちは。経済学部の鈴木隆芳(すずきたかよし)です。

このブログが皆さんのお目にとまり嬉しく思います。

6月に入り、就職活動中の4年生の中には、

企業から内定(「うちの会社に来てね」という約束みたいなもの)をもらった学生もいます。

 

さて、突然ですがここでクイズです。

そんな企業が学生に求める能力の1位はなんだと思いますか?

 

資格? 成績? 英語? 専門知識?

 

これらも大切なはずだけど、正解はちがいます。ダントツ1位があります。

その能力はここ10年近く連続1位ですから、まさに圧倒的なのですが。

さて、それは……

 

コミュニケーション力です。

 

……うーん、わかるような、わかんないような

 

でも、ところで、コミュニケーション力ってなんでしょう?

 

楽しくお話ができること。人前で発表できること。そんなイメージではありませんか?

そのとおりだとは思うのですが、ただ、それだと人見知りの人や、

引っ込み思案な人ってすごく不利になってしまいますね。

 

でも、本当のコミュニケーション力って、それだけではないと私は思います。

もっといろいろな可能性があるはず、とね。

 

平田オリザ先生が言っていたことですが、今の若年層(皆さんのことですよ!)は、

中高年世代(私のことです(涙))よりも、コミュニケーション能力が実はずっと

高いのだそうです。ファッション・センスにすぐれて、ダンスや歌が上手くて、携帯

メールやSNSを巧みに使いこなして、幅広く自分を表現できる。一方で、おじさんは、

服はダサイし、カラオケじゃ昔の歌しか歌わないし、ダンスは見るも無残、メールも

なんだか意味不明。(ちょっと極端かな)

 

そこで、そんな人たちとは関わりたくないって気持ちはすごくわかるんだけど、

そう簡単にはいかないのが困ったところ。だって、社会の中核にいるのは、

なんだかんだ言っても、そんなわけのわからない中高年の大人だからです。

将来、皆さんにどんなに行きたい会社があっても、その人たちから「いらない」と

言われたらそれでハイ終了!なんです。困ったねー。どうしよー。 

 

えっと、今回はここまでです。対策は次回考えましょう。(「おいっ(怒)話しが

途中じゃないか」というお叱りはごもっとも。でもね、あんまりいっぺんに書いちゃいけないんだってさ。)

 

今回の参考図書:平田オリザ『わかりあえないことからコニュニケーション能力とは何か』講談社現代新書。

「わかりあえないことから」というテンションの低さがラブリーです。

私の授業でも使っています。コミュニケーションって人見知りでもいいんだ、と納得しました。おすすめです。

 

つづく(といいなー)

 

 

鈴木隆芳
経済学部 経済学科