こんにちは。広報スタッフMSPです。

浅野くんのお話も今回が最終話なりました。

最終話は大学生活についてです♪

 

 

M:4年間でいろいろな経験をしたのだと思いますが、

  成長したなぁって感じることってありますか?

 

浅:1つのことについて、いろいろな視点から

  しっかりと考えられるようになりましたね。

  1時間半ある通学時間に本ばかり読んでたからかも!?

 

M:振り返ってみて、浅野くんにとって大経大とはどんな場所でしたか?

 

浅:一言で言うと、「いいところ」です。

  asano9.JPG

  人との距離が近く、友達ができやすい環境。

  また、学生のことをきちんと考えてくれたり、学生の為に

  時間を作ってくれる先生や職員さんがいました。

  あと、大経大は学力なんて関係ないという

  自信を持たせてくれた場所でもあります。  

  

 

M:どういうことですか?

 

浅:就活の面接の時の話ですが、同じ面接グループの中に

  どんなに偏差値の高い大学の学生がいても、

  僕は負ける気がしませんでした。

  例えレベルが高いと言われている大学の学生でも、

  おどおどした喋り方だったり、ぼそぼそと話す人もいましたから。

  僕はキャンプサポーターや、オープンキャンパスのスタッフとして

  活動してきたことで、「人の前で話す」ということに

  少しは慣れることができたと思います。

  キャンプなどで100人・200人という人の前で話すタイミングも

  たくさんありましたし。

  asano27.JPG

  学生生活の中で、そんな場面によく遭遇していたので、

  面接官が5、6人なら、堂々と話すことができました。

 

 

M:100人の前で話すってそんなに体験できることではないですよね!!

  最後になりますが、高校生のみなさんにひとことお願いします。

 

 

浅:僕は大学選びはマッチングが重要だと思います。

  自分の特色と大学の特色が合っているかどうかが1番大切。

  気になる大学があれば、学校の先生や知り合いの

  卒業生に聞いたり、ホームページで調べてみてください。

  asano7.JPG

  学力が1番のマッチングポイントだと僕は思いますが、

  大学が違えば通っている学生の雰囲気も全然違うので、

  オープンキャンパスで雰囲気を確かめるのも大切なことだと思います。

 

 

浅野くんありがとうございました!

卒業してもたまには大学に遊びに来て下さいね★

コメントを投稿

名前

コメント

  • ホーム