こんにちは、HKYです。

宮本さんのお話、第3話は

学生生活についてでしたね。
第4話は、入学当時のお話を紹介します。

 


H:結構長い時間色々聞いてすみません。

  もうちょっとだけ聞かせてくださいね。
  

  入学した時って、新しい生活への

  期待とか不安ってありましたか?

 

 

宮:入学する時って、友達できるか

  すっごく不安でした。

  でも、大阪経済大学では入学してすぐ

  新入生キャンプがあって、

  そこで友達ができたので安心しました。

  ※新入生キャンプは、経済学部、経営学部、

   情報社会学部は入学後すぐ。
   人間科学部は、GW後に実施。

 

 

H:キャンプで思い出に残ってることってある?

 

 

宮:とにかく、

  さまざまな取り組みが詰まってて

  おもしろかったのを覚えています。
  ハートアクティビティという

  人間関係を考えるアクティビティは

  楽しかったです。

   

  miya5.JPG

  (写真は本学の新入生キャンプの様子)

 

  昨日までほとんど知らない人と

  ゴールに向かってやり遂げるってのも

  はじめてだし、何より、チームでやりきることの

  大切さと難しさを体験できたのはよかったです。

 

 

H:僕も行ったことあるけど、すごいよね。

  結構ワイワイやってたし、みんな。

 

 

宮:先輩サポーターのフォローがあったから

  より一層よかったなって思いますよ。
  いい雰囲気をつくろうと

  努力してくれている姿をみてて、

  あんなこと自分もできるかなって思いました。

  あと、経済学部って女子学生が少ない分

  結束力も高まった気がするかな。

 

 

H:確かにそういう側面もあるかもね。

  話はかわるけど、受験生の頃、

  大学についてどんなイメージ持ってた?

 

 

宮:私の出身校は、

  大学と連携プログラムをもってて、

  高校生のころに大学に行って
  講義を受けていたんです。

  高校生なのに大学生扱いで、

  課題も大変で、大学生ってこんなに大変なんだ

  と思ってました。

  他の子たちは楽しいって

  イメージをもってたみたいだけど、

  私はそんなことなかったです。
  

  miya2.JPG

  でも、入学してわかったのは、

  大変なこともあるけど、楽しいことも多いですね。
  
  今、振り返るといろんな経験できたし、

  西日本インカレで1番になれたし、

  就職も希望する方向にいけたしで、

  大阪経済大学に入学して本当によかったと思います。

 

 

 

結果的に自分が納得・満足できる

大学生活を送った宮本さん。

お話をお聞きして感じたのは、

誰かに何かを言われてやるのでなく、

とにかく自分からやってみようという意識でした。

言うのは簡単ですが、実行することが大変なのに、

やっていった姿勢は彼女らしいなと思わされました。

 

宮本さん、ありがとうございました。  


 

コメントを投稿

名前

コメント

  • ホーム