こんにちは、HKYです。

宮本さんのお話、第2話は

卒業論文についてでしたね。
第3話は、学生生活のお話を紹介します。

 

 

H:公務員試験も、卒論も

  すごいエネルギーがいる事だよね。

  学生生活もなんかいろんなこと

  してたっぽいけど、この4年間どうでした?

 

 

宮:とにかく資格とろうと思っていました。

   DSC_8262.JPG

 

H:なんで資格なの?

  受験生からもよくどんな資格とれますか?

  って聞かれるんだけど。

 

 

宮:就職に役立つイメージでした。

  でも、今思えば就職に単純に役立つ

  なんてことないんですけど。

 

 

H:とった資格は全部でいくつ?

 

 

宮:4つです。

  MOSスペシャリストは、

  やるのが当然って感じで受けてました。
  秘書検定は、秘書になりたいとかではなく、

  マナーを身につけようと考えて受講してました。

   P5141398.JPG

 

H:僕の大学生の時の意識との

  違いがすごくてビックリです。

  資格講座を受講するにあたって、

  なにか意識していたことってある?

 

 

宮:うーん。そうですね。

  一つ一つの事に対して

  目標を決めてやろうと思っていたかな。

  就職に役立つといったけど、

  それと目標は強く結び付いていない気が・・・

 

 

H:いやいや、十分ですよ。

  積極的だった結果、公務員という道が見えて、

  結果がでたわけだしね。

  

  サークルとかは入っていたの?

 

 

宮:それ!!

  いま思い返すとすごく後悔してて、

  何も入っていなかったんです。
  サークルとかボランティアとか

  もっとやっとけばよかったって。
  

  でも、公務員対策で必死だった

  というのもあるんですけどね。

   

 

 

積極的にできることをしていた宮本さん。

次回は入学当時について紹介します。
 

コメントを投稿

名前

コメント

  • ホーム