こんにちは。広報スタッフMSPです。

前回、就活中の工夫について話してくれた上本さん。

今回は学生生活について伺いました!

 

 

 

M:ではつづいて、学生生活で印象に残っていることは

  何かありますか?

 

上:やっぱり、友達が増えたことかな!

  uemoto32.jpg

 

  高校までは友達といっても

  地元の子がほとんどでしたが、今は違います。

  北海道や香川、沖縄など、各地出身の友達ができました。

  友達と小さい頃の話をすると、とてもおもしろいですよ。

  県によってルールが全然違うので文化の違いを感じます。笑

 

 

M:確かに大学は、たくさん友達ができますよね。

  大学に入ってすぐに友達はできましたか?

 

上:はい!

  一気に友達が増えたのは、意外にも入学直後なんです。

  比較的少人数で行われる語学の授業とか、2回生からは、

  新入生キャンプのリーダーにも参加したり、秋学期からは

  ゼミが始まったので、同い年だけでなく

  先輩、後輩とも友達になれました。

  uemoto41.JPG

 

 

M:!?

  先輩も友達??

 

上:先輩も友達です。笑

  先輩にはとても親近感を感じています。

  だから先輩だけど友達。

  先輩も後輩にも親近感を持って、友達のように関わることができる、

  これは人間科学部特有の雰囲気だと思います。

  uemoto34.jpg

  私の周りにいる人間科学部の子は、「やる時はやる」という

  メリハリが自然にできる子ばかり。

  人間科学部は学部全体に高校の部活のような団結感と緊張感があって、

  でもフレンドリーな雰囲気に溢れているんです。

 

つづく・・・

コメントを投稿

名前

コメント

  • ホーム