こんにちは、つかもです。
 
今回は、私の記憶に残りまっくている
とある店を紹介します
 
もうすでに閉店していますが…笑
 
梅田にある、うどん屋さん
 
いつも大行列
 
真夏のことでした
並んだとき、私は後ろの人にだいたいどれくらいで入れるか、と話しかけました
 
その人は、東京から食べに来たといい、
(閉店が決まっていたので)
 
わからないと言われましたが(笑)
 
遠くから来るくらいなので、味は間違いないと思いました
 
 
順番が回ってきて、中に入りました
 
注文していたのは
 
生じょうゆうどん。
 
通されたのはカウンター席。
このお店カウンター席しかないのです。
 
少し待つと、うどんがやってきました
 
店主の方が、醤油をかけと、盛り付けを。
 
そして、
 
食べ方を教えてくれたのです。
 
混ぜたらあかん。真ん中のほうをすーっとお箸でとるんや
 
高く。 ほんで一気に食べる!
 
戸惑いながらも言われた通りに私は食べました。
 
すると、ようできた!
 
 
頭ポンっと、店主に褒められました
 
私はこのとき、涙が出そうなくらい美味しいと思ったのと、
 
食べ方を教える、このあっつい店主に感動しました
 
一人ひとりに食べ方教える店主。
 
こんな美味しい食べ物があるのか!!
 
この先も忘れず、記憶に残り続けること間違いなし
 
 
あっつい店主がいたお店の名前は
 
はがくれ。
11111111.png

 

コメントを投稿

名前

コメント

  • 2019/02/18
つかも
経済学部 経済学科
  • ホーム