毎日毎日熱い日が続きます(´-ω-`)

かと思えば雨が降ったりして体調が

崩れやすい時期ですがいよいよ

7月です!!きたば的に言えば

ポケモンの映画が公開される月です!

 

頑張って行きましょう(`・ω・´)ノ

 

 

前回のブログにコメントを下さった方から、

"自分がいた頃は情報社会学部も国際社

会論もなかった"とお聞きしました。大学も

どんどん新しくなっていって、との内容を見

て、「そう言えばD館って去年の秋から使っ

てるんだよな」と思い出しました。

 

私が入学した頃は、大きいフェンスで仕切っ

てあり、骨組みをしていたり資材を組み立て

たりで色んな音が響いていただけでしたが、

一年たった今ではすっかり大経大生から一

番の人気を誇る立派な校舎になっているの

です!

 

当然ですが…これが何年何十年経つと、そ

の頃の生徒から「ここは何十年前に建てられ

た校舎なんだな」となるわけで、どんどんと歴

史を作っていくわけです(´-ω-`)

 

私は歴史の授業が昔から大嫌いでした!

 

「何で昔の、しかも知り合いでもない人の歴史

勉強しなきゃいけないんだよww織田信長の家

(城)が燃えたって??知らんわww」と、良く小

中学生の頃は思っていましたww

 

でも、それって物凄く大事なことなんだなぁと思

いました。

 

私が産まれた頃は、家の周りは何も無い空き

地が広がっていて、星空も綺麗で静かな所

でした。けれど20年も経った今、空き地には

全て家が建ち、色んな所から音が聞こえ、空

は少し明るくなってしまいました。けれどそのお

かげで近所付き合いが増えて、周りに住む人は

皆私のことを本当の娘か孫を相手にするかの様

に優しく接してくださり、今の自分がいると思うの

です(´-ω-`)

 

これも一つの"歴史"で、自分が今まで生きてきた

人生なんですよね。ええ。かっこいいですね。はい。

 

織田信長の家(城)が燃えたのもその人の歴史で、

その歴史があるからこそ今の人生があるのかもし

れないと思うと、少し楽しくなりました!

 

もしずっとずっと先の未来で自分が死んで、何千

年経って人類が滅んで、新しい生物が産まれて

地球に住むようになって"人間(日本人)の骨"とし

て博物館に飾られる様になるのであればそれは

自分かもしれない!!と思うと、ちょっとわくわく

しますよね。しないですか、そうですか…でもちょ

っとくらい…も、しないですか…。そうか……。

 

ずっとずっと後に産まれる何かしらのものに少し

でも良い影響を与えて骨が博物館に飾られても

いいように、きたばはこれからも胸を張って、楽し

く毎日歴史を作っていこうと思います!

 

P.S.

SFが好きとか、そういうあれじゃないんですよ!!!!!

コメントを投稿

名前

コメント

きたば
情報社会学部 -
  • ホーム