こんにちは!NAOです。
今日は東日本大震災から3年です。
ちょっと真面目に書きます。

 

わたしが高1の春休みに
この地震がありました。
テレビを見てると東京で地震が起こり、
しばらくすると関西も揺れ出した事を
すごく印象的に覚えてます。
津波で家が簡単に流されてる映像。
夢であってほしいと思いました。

 

「復興」という言葉もテレビとかで
見る機会が少なくなってきています。
だから、わたしは阪神淡路大震災の時は
早く復興できたということを
聞いていたので、東北も同じなのかなと
思っていました。

 

そして、去年の夏休みに東北に行くと
想像を絶するものでした。
未だに倒れたまま、流されてしまった
家が目の前に広がっていた時、
まだまだ時間がかかると思いました。

 

父は震災直後、仕事の応援で宮城県に
いたので、その時に比べるとすごい
よくなってはきていると言ってました。

 

けど、わたしにはあまりにも
ショックが大きかったことを覚えてます

 

石巻に滞在している時に震度6弱の
地震が発生したときはとても怖くて。
でも、東北の方々はこれ以上の揺れを
体感したと思えば、なんとも言えませんでした。

 

未だに避難所や仮設住宅にいられる方が
たくさんいているのが事実です。
東北に出向いてボランティアをするのも
募金をするのも、東北産の食べ物を
買うことも小さいことですが復興に
つながると思います。

 

1年に1度でもいいから
このような地震があったことを
十分に考えるべきだと改めて思います。

コメントを投稿

名前

コメント

NAO
情報社会学部
  • ホーム