11月10日(日)、関西学生サッカーリーグ2部Aブロック

後期リーグ・第8節が行われました。

対戦相手は流通科学大学、本学グラウンドで13時キックオフ。

 

流通科学大学は、下位に沈んでいるものの要注意の選手も

いるのでもちろん油断は禁物。

しかも前節の激戦の代償として、ディフェンス主力の平川(3年)、

片岡(3年)、坪井(2年)を累積警告で欠くという厳しい条件。

1試合たりとも楽な試合はありません。

 

キックオフ。

 

序盤から攻勢をかけるも決定力に欠く展開。

また一つのことを徹底してくる流通科学大の攻撃が

本学をひやっとさせるシーンもしばしば。

2013111301.jpg

 

しかし前半22分、キャプテン関口(4年)が技ありの

ボールタッチから弾丸シュートを叩きこみ先制点。

ベンチ一同、ようやく胸をなでおろすことができたシーンでした。

 

試合は後半、18分と21分に途中交替で入った

テクニシャン・真浦(4年)が冷静に、そして冷酷に、いずれも右サイドの

先山(3年)が作ったチャンスをゴールに流し込み大勢を決しました。

2013111302.jpg

 

その後32分に失点するも、そのままゲームセット。

 

これで勝ち点39。

 

直後に同会場で行われる大阪教育大と甲南大の結果次第で、

その後の展開が変わる。

すなわち、大教大が勝利すると、2位・入れ替え戦が確定、

引き分けると1位の目を残しつつ、2位以上が確定、

甲南大が勝つと、1位から3位までの可能性が浮上します。

当然、大教大は今節に勝って優勝・自動昇格を決めたいし、

甲南大は勝って2位・入れ替え戦への希望をつなげたい。

 

とんでもなく白熱した戦いが、我々の目の前で行われました。

結果は大教大2?5甲南大の大逆転劇!

強い甲南大…勢いに乗ってます。

 

次節は、本学と大教大の決戦、甲南大は和歌山大と。

甲南大が和歌山大に勝つとして、

 

[本学勝利] ⇒ 本学が優勝・自動昇格(大教大は2位で入れ替え戦)

[引き分け] ⇒ 本学は2位・入れ替え戦(大教大が優勝・自動昇格)

[万一の…] ⇒ 得失点差により、本学は3位

 

夢と希望にあふれながらも、大変厳しい、

まさに「天国か地獄か」という展開です。

 

11月17日(日)13:00、大阪教育大学戦 @本学 です。

 

世紀の決戦。

熱い声援、よろしくお願いします!

2013111303.jpg

 

by K, vice director

http://www.facebook.com/KeidaiOsakaSoccer

コメントを投稿

名前

コメント

サッカー部 副部長
  • ホーム