11月24日に第75回関西学生駅伝が開催され、本学もシード校として出場した。

昨年まではびわ湖で行なわれていたが、今年から場所を京都丹後に移し開催された。

駅伝は、久美浜の浜公園をスタートし、ゴールの宮津市役所まで

全8区間、81.2kmで行なわれた。

 

1区:富山(4年生)

駅伝で最も重要なことは、1区で1位との差をあけられず、

良い流れで2区に襷を渡すことが重要であり、

区間順位より1位とのタイム差が重要になってくる。

その重要区間に主将の富山が出場した。

1位と30秒以内の差という優勝圏内で2区に襷をつないだ。

 

2区:谷本(3年生)

距離は短いがのぼりが多いとても難易度の高い区間。

1区の流れをそのままキープできるかで総合順位が

決まるとも言われる花の2区にエースの谷本が登場。

全日本では1区で不本意な結果だったが、

今回は見事8人を抜いて5位まで順位を上げた。

まさしく花の2区を全うしてくれた。

2区.jpg

 

3区:松下(4年生)

松下は、メンバーの中で唯一全日本大学駅伝を

走ることが出来なかった一人である。

4年生で最後の駅伝にしっかりあわせることができ、

今回メンバーに入ってきた。

因みに松下は昨年のこの大会で区間賞を獲得しており、

駅伝の強い選手である。

1人抜いて単独4位で4区に襷を渡す。

 

4区:山口(3年生)

山口は主務をしながら選手としても頑張り、

メンバーを勝ち取った選手である。

全日本でも好走を見せたが、関西学生駅伝でも

区間4位とロードレースの強さを見せ付け、健闘した。

因みに区間賞を獲得して選手とはわずか12秒差と僅差であった。

 

5区:為石(4年生)

5区は7区と並んでこの駅伝最長区間であり、

エースが集う区間でもある。

そこに経験豊富な為石が走った。

ライバルの関西学院大学に若干追いつかれるも

粘りの走りで6区に襷をつないだ。

 

6区:藤原(2年生)

1・2年生の中で唯一メンバーとして選ばれたのが、

6区を走った藤原である。

全日本大学駅伝では緊張のため力を

出し切ることができず悔しい思いをしたが、全日本の

経験をいかして関西学生駅伝では見事に区間4位と

大健闘を見せた。

将来大阪経済大学のエースとしての活躍が期待される選手である。

 

7区:溝渕(3年生)

5区と並んで最長区間なのが7区である。

距離が長いほど力を発揮する溝渕が走ったが、

全日本大学駅伝でもアンカーで最長区間を走り

区間13位と好走を見せた選手である。

この大会でも持ち前の粘りをみせ、エース区間で

区間4位と大健闘を見せた。

 

8区:津田(3年生)

アンカーは本学スピードナンバー1でラスト勝負になれば

絶対の自信を持つ津田が登場。

アンカーは区間タイムは関係なく、とにかく前の選手に

勝たないといけなく、最後の決着がつく重要な区間である。

津田は昨年関西学院大学と同タイム着差で負け

4位になった経験を持つ。

しかし再度リベンジの意味も込めてアンカーに投入した。

今年も奇しくも関西学院大学とほぼ同時に襷を受けた。

さらに今年は京都大学も加わって3大学で3位を争うことになった。

予想通りけん制となったが昨年の経験をいかして

終始ラストスパートに向けて冷静に走った津田が、

関西学院大学と同タイムではあったものの、同タイム着差で

今年は津田に軍配が上がった。

8区.jpg

 

 

初のコースなので区間配置は慎重に行い、見事に作戦が

的中して3位に入賞することが出来た。

今年最後の駅伝を走り終え、目標の3位で今シーズンを

締めくくることができ、これからの冬季走り込みにも繋がる結果であった。

次年度は、2位の立命館大学より先行し、関西2位となって伊勢路走る

全日本大学駅伝だけでなく、出雲大学駅伝出場も目指したい。

 

今後ともご声援のほど、よろしくお願い致します。

コメントを投稿

名前

コメント

陸上競技部副部長
  • ホーム