10月27日(日)、関西学生サッカーリーグ

2部Aブロック後期リーグ・第6節が行われました。

対戦相手は京都学園大学、

京都学園大学グラウンドで12時キックオフ。

 

 

 

前期はホームで惜敗した相手。

フィジカルが強く、本学がずっと苦手にしてきた京都学園には、

今年もトレーニングマッチを含め、3戦3敗…

 

しかし今節と次節・甲南大戦に勝てば、リーグ制覇が

グッと近づく意味で、第2の正念場と言える非常に

大事なゲームです。絶対に負けられない。

 

試合開始直後、竹内(4年)の仕掛けから早くもPKを獲得するも、

無情にもナイスセーブされ不穏な空気が。

すると前半23分、一瞬の隙を相手は見逃してくれず、

先制点を許す苦しい展開に。

その後は息の詰まるような緊迫した攻防が続きます。

このまま前半が終了してしまうと思っていた前半45分の

ハーフ終了直前、関口(4年)の左コーナーキックから中央の片岡(3年)

が豪快なヘッドを叩きこんで同点に追いつきました。

後になって思えば、非常に重要な1点でした。

 

後半は少し荒れ模様な展開にイエローカードが頻発。

しかし本学の選手は辛抱強く耐えていました。

が、後半20分、セットプレーから均衡を破られ、再び苦しい展開に。

2013102803.jpg

 

ところがすぐさま平川(3年)が右サイド深くに侵入し、

ゴール左隅に突き刺し同点に。

一進一体の、手に汗握る攻防とはまさにこのことでしょうか!?

 

その後、2枚目の警告で1人がピッチを去った京都学園を相手に、

「絶対勝つ!」気持ちで攻勢をたたみかける本学。

そしてついに後半30分、右コーナーキックから蒲原(1年)が

競り勝ち、値千金のゴール!

 

後半43分、奥村(3年)が相手の左サイドを混乱に陥れ

中央で待つ岩井(3年)に。冷静に叩きこみ、4?2。

これで試合は決しました。

 

苦手で勝てなかった相手を破ったことと、

今リーグ展開上の山場を制したこと、二重の意味で、

非常に大きな勝ち点3を獲得しました。

 

また遠方にもかかわらず、今節はメンバーに入れなかった

選手も全員で応援にかけつけました。

2013102801.jpg

まさにチーム全体で勝ったと言えるでしょう。

 

次節は11月3日(日)13:00、甲南大学戦 @本学 です。

引き続き正念場!

 

引き続き熱い声援、よろしくお願いします!

2013102802.jpg

 

by K, vice director

http://www.facebook.com/KeidaiOsakaSoccer

コメント

一般OB2013-10-31 18:08

関西一部リーグ優勝実績がある。
是非一部昇格を果たしてほしい!

コメントを投稿

名前

コメント

サッカー部 副部長
  • ホーム