どうしても危ないイメージがつきまとうイラン。

その国へ行ってきました。

 

まずイランに入るのには、最強の日本のパスポートをもってしてもビザが必要で、

日本で取得する場合は簡単だそうですが、僕は全く予定を立てずに出たから、

ビザを持ってるわけもなく、どこかで取らなければいけないという状況に。

 

それについて考え始めたのが中国。

そして、インドから飛ぼうと考えていた僕のこの時点での選択肢は3つ。

 

1.インドのイラン大使館で取得する

2.e-visaというネットで申請して空港で取得する

3.何もせずイランの空港でアライバルビザを取得する

 

インドでの滞在期間は短く、そこではトランジットビザ(3日程しか滞在できない)

しか取れないという情報があり、真っ先に削除。

アライバルビザも取れる人もいれば、取れない人もいて、イラン出国の航空券が必要とのこと。

イランからトルコに陸路で抜けたい僕にとって、出国の航空券は無駄でしかない。

アライバルを取る場合、運が悪ければ、インドからの飛行機に乗れなかったという情報もあったので、

一番安全な2を選びました。

 

しかし、これが使えない。。何回アクセスしても繋がらない。

調べてみると、もう2年ほどずっと工事中だそうで、いつ再開されるかわからない。

使えれば便利なシステムなのに、意味がない。

 

なので、アライバルに賭けるしかない状況に。

僕は絶対行けると思ってましたけどね。

 

そしていよいよ空港へ。

何の問題もなくチェックインが終わり、楽勝だと思いイミグレへ行きました。

そんなに上手いこと行くはずもなく、問題が起きました。

 

スタンプをもらうためパスポートを渡し、待っていると、

「イランのビザは?」

「アライバルを取るつもり」

「ってことは今は持ってないんだよな?」

「そういうことになるね」

っていうやり取りをした後、その人が偉そうな人と話始め、

僕は別室へと連れて行かれました。

 

そこでは、何でイランに行くんだの繰り返し。

何度も何度も聞かれ、その度に観光!って答えてました。

終いには、何でインドから行くんだ?日本から行くのが普通だろ?とか聞いて来たので、

じゃあ何でインドから行っちゃダメなの?日本から行くより近くて、航空券安いでしょ!

って言ってやりました。

そしたらわけわからん。みたいなこと言われ、また質問攻め。

それなりに準備はしていたので、全ての質問に答え、ひたすら待っていました。

 

そうすると僕が利用する航空会社の人を呼んで来てって言われ呼びに行くとそこで、

次は違うイミグレのゲートに行けば大丈夫、大丈夫!

ってすごく軽く言われましたww

 

その言葉を信じ、恐る恐るパスポートを差し出すと、あっさり通っちゃいましたw

その後は、さっき別室に連れて行かれた人に会わないようにと大変でしたが無事、

飛行機に乗れアラブを経由しイランのシーラーズに到着しました。

(乗り継ぎの時にも、少しもめたんですけどね。)

(※僕の知り合いは、もめて日本に強制送還になったので、運次第ということですね。)

 

kdieiejjdel.jpeg

 

シーラーズには、有名な古代都市の遺跡、ペルセポリスがあります。

 

tttttttddddd.jpeg

 

巨大な都市がここに築かれていたんですね。

 

jduetdgsgshsj.jpeg

 

エスファハーンのエマーム広場。

かつては、「世界の半分」と呼ばれていた場所です。

 

kkkkkkkkdd.jpeg

 

滞在した3日間、毎日通ってました。それくらいキレイな広場です。

 

jfjfjfjfjfjfjfd.jpeg

 

首都テヘランの旧アメリカ領事館には、反アメリカの絵が描かれています。

あくまであったということを書いてるので、他意はありません。

 

hdgdgdhdhdgsywtur.jpeg

 

アメリカ嫌いが表面上に現れてますね。

イランでは、アメリカ系列のカードが一切使えません。

それに、ATMでお金を引き出すためには、イランのキャッシュカードが必要になります。

なので、外国人はお金を引き出せません。現金を持って行かなければいけません。

そのお金は、USドル。

なんか矛盾してるような気もするけどな。

 

nnjnjlkjkljsiouewho.jpeg

 

イランと言えば、バザールが有名なんですよね。

いろんなものが置いてあり、見て回るのは楽しいです。

 

johiouhhfnaoiuiogd.jpeg

 

タブリーズって場所にある、ミニカッパドキアです。

 

 

イラン人は、旅行者に対してほんとに優しいんです!

歩いてるだけでみんな声をかけてくれるし、チャイもご馳走してくれます。

(女性の一人旅は除きますが)

なぜなら、イランは敬虔なムスリムの国で、ムスリムでは、旅人は神様が連れてきた人だ。

ということになっているそうで、親切にしてくれます。

 

僕たちのことをツーリストじゃなくて、ゲストだって言ってくれましたしね。

でも、女性に対しては冷たいみたいです。宗教上ね。

 

僕が旅している限りでは、そんなに危険だとは感じませんでした。

パキスタンとの国境沿いは、やはり治安も悪く、危険らしいので、

簡単にオススメだとは言えませんが、

僕の中ではイランが、今のところナンバーワンに人がいい国で好きです^^

 

かっしゃん:)

コメント

ごまくろう2013-10-17 18:55

はじめまして!
僕もインドからイランに行こうと思ってるんですけど、
結局イランからトルコへの出国チケットはとってからいきましたか?
それとも何ももたずにいったのですか?

コメントを投稿

名前

コメント

かっしゃん。
経済学部 経済学科
  • ホーム