前期の話ですが、

 

心理学統計法という授業でちょっと面白かったことをば。

 

 

 

学生「先生!数式はなんか難しいので言葉で説明お願いします!」

 

先生「ちゃんと話を聞いてメモを取っていたら分かることだ。

数式自体も何も難しいことはない。以上。」

 

 

 

先生、真顔で授業を続けます。

 

するとホワイトボードにさらさらーっと何か書き始めました。

 

 

分子→差得点の偏差の二乗和

分母→人数、だけど推定だから?1なんだよ、これを不偏というんだ。^(ハット)のことだね。

そして単位を揃えるためにルートを外す!

 

 

先生・・・!!

 

 

そんな先生は分かりやすくて丁寧で、おまけに男前と

 

もっぱらの評判らしいです(笑)

コメントを投稿

名前

コメント

いっしー
人間科学部 人間科学科
  • ホーム