セツヲです。


僕は今バスに揺られながら

宮城県の岩沼市に向かっています。


今回の東北ボランティアは

一日目は清掃活動、

二日目は場所を移して

炊き出しライブ等のイベントを行います。

 

思えば震災のあった3/11、

僕はキャンプの研修中で

この事実を貝塚のテレビ越しに知りました。

 

現実かを疑いたくなるような

瓦礫が広がる光景を目の当たりにし、

言い表し様のない感情が押し寄せました。

 

 

バスの移動中も

ワンセグでニュースを受信していたのですが、

あまりに突然の出来事であったために受け入れきれず、

ただただ情報に耳を傾けるだけでした。

 

 

 

それから半年。

初めて被災地を訪れました。

 

撤去によってうず高く積まれた瓦礫の山、

内陸まで流された船舶、

土台を失い骨組みだけになった家屋、

ゴミやトタンを蓄えたマンション、

何一つ遮る建物のない光景、そのどれもが異質であり

衝撃以外のなにものでもありませんでした。

 

一日目の道路の舗装作業では

土嚢を集めようとして地面を掘り起こしても

出てくるのはゴミと土の混合物。

 

逐一手作業でゴミを取り除き

土を詰めるしかありませんでした。
 

二日目は現地の方の要望に応え

溝掃除や水路の確保と炊き出し。

 

被災地の方の力強さと温かさに感動し

自然と涙がこぼれました。

 

 

あれから更に半年。

この団体では五回目、僕個人でニ回目の東北。

 

二日目のイベントは1000人程の規模になるそうです。


 

絶対成功させます。

 

 

 

 


このイベントで僕は、たこ焼きを焼きます。


大阪の味と僕らの想いを東北へ届けてきます。

コメントを投稿

名前

コメント

セツヲ
経営学部 経営学科
  • ホーム