大学生活も3年が過ぎました。

単位は問題ありません。

3年の前期でほとんど取ってあります。

 

じゃあ良かったじゃん。(or当然じゃん)

と言われるかもしれません。

 

うーん、なんかね、

ちょっと寂しいかな(´3`)

 

大学の先生って

個性的な方が多くてですね。

授業もさることながら

何この先生…面白すぎる…!

 

というのが、結構あるのです。

 

そうすると、

当然その先生の他の講義も履修したくなります。

楽しいですよー(笑)

 

しかし!

当然終わりは来るものです・・・

(※ツッコむところです)

 

もー社会人なんかになりたくないー

ずっとあの先生とあの先生とあの先生の

聴講生でいたいー

 

そんな駄目・ポスト社会人の気分なのです。

 

臨床心理学ではこのことを

喪の作業(Mourning work)

といいます。

 

どうやら学生である自分に、

無意識的にお別れする準備をしているらしい

 

(´・ω・`)

 

いっしーのもーにんぐわーくは

まだまだ続く・・・

 

実は悩みの種は

それだけではないのですが、

今回はここまでノ

コメントを投稿

名前

コメント

いっしー
人間科学部 人間科学科
  • ホーム