というドラマが昔あったような…


1年後期から2年前期にかけて、
若者の当事者研究なるものを
基礎演習でやりました。

110922_0746~01.jpg

基礎演習とは、大学や学部によっても異なりますが
3年から始まる本格的なゼミナールの前段階みたいなものです。
だからプレゼミとも言ったりします。

 

ゼミによってはクッキー焼いたりレクリエーションしたり討論したり
やること様々(^з^)

 

私の所属していた基礎ゼミは
一人一人若者に関することを研究テーマにし、
報告や話し合いなどを経て
最終的にみんなが書いた論文を一冊にまとめました。

 

共通テーマは「若者」ですが、
個々のテーマは色々ありました。
若者の恋愛、食事、ライフスタイル、依存症、ニート、etc.

 

昨日改めて読み返してみると、
日本の社会問題はたくさんあるなぁ…と。
それも小さな大学の小さなゼミの中で浮かび上がったきた、
ほんの一面にしか過ぎません。

 

でもこうして知ること、そして考え始めることが
まず大事ですよね。

 

朝日新聞の教育面、
「いま子どもたちは」と
「子どもを読む」
は特に参考になります。

 

今取りかかっている卒業論文にも通じるところがあるので、
理解をもっと深めていきたいなと思います。
 

コメントを投稿

名前

コメント

いっしー
人間科学部 人間科学科
  • ホーム