こんにちは。人間科学部3年のいっしーです。

最近某アイドルグループの新曲のことがあり、

カチューシャをしづらくなりました(笑)これからどうしようかな。

総選挙、楽しみですね!^^

 

では、おススメな本を独断と偏見で紹介するコーナー、第14回。

今回の本は

 

 

備瀬哲弘『精神科ER 緊急救命室』

 

 

読んだ後、率直に

「こんな悔しいこともない」

という感想を持ちました。

 

これは、精神科医の現実が垣間見られる本です。

医者の、ではありません。精神科医なのです。そこがポイントです。だから悔しいのです。

 

と言っても、実際の厳しさと大変さはもっと壮絶なのでしょう。

それくらい割に合わなくて、理解されにくくて、それでいて今とても必要とされている職業です。

 

臨床心理を学んでいる人はもちろん、まったくそういったことに縁のない人たちにも読んでほしいです。

1話あたり数ページなので読みやすいし、気持ち的にも重くなりすぎないと思います。

コメントを投稿

名前

コメント

いっしー
人間科学部 人間科学科
  • ホーム