こんにちは。9月1日は下手したらまだ宿題が終わってませんでした、いっしーです。

私 「やってきてはいるんですが持って来るのを忘れました」

先生「うそつけ」

言い訳常套句ですよね。

大学生の夏休みはまだ続きます。

 

さて、いっしーの独断と偏見で

おススメの本を紹介するコーナー第6回。

今回は

 

 

「モーム短篇選(下)」

 

 

この本は「英米文学作品研究A」という授業の教科書として

使ったのがきっかけで出会いました。

あ、「英米文学作品研究A・B」は本好きにとっては

これ以上ないくらい楽しい授業なので

絶対履修してください!

 

で、話戻しまして。

名前の通り、12の短篇が入っています。

短くもどれもオチがしっかりついていて、

短い故に読んだ後すぐには理解しにくい。

「・・・?・・・ああ、そういう意味か!!」

すっきり腑に落ちます。

ただ、解釈は人それぞれです。

 

どれも違う話なのですが共通しているのが、

女の強かさ。これが強調されて描かれています。

 

「物知り博士」、「サナトリウム」。

この2つが特に私のおススメ!

いっしー
人間科学部 人間科学科
  • ホーム