こんにちは。只今「夏空」が脳内エンドレスリピートです、いっしーです。

・・・いい曲ですよね。

 

高校生の方が大経大に、ゼミについて質問を下さったそうで。

すでに何人かの方がお答えしているので、

私も内容が被らないように書いていこうかと。

と言っても、本格的なゼミは二年の秋学期から始まるので

まだ二回生の私は人間科学部の基礎ゼミについて。

 

基礎演習、通称基礎ゼミは、

一年の秋学期、二年の春学期と約一年を通して

同じメンバー同じ先生でやっていきます。

人数は10人前後。自由選択科目です。

本格的なゼミが始まる前に雰囲気をなんとなくつかむこと、協調性を磨くこと。

これが大体の共通事項?かな。

先生によって内容は様々です。ホント様々です。

みんなで調理実習するところもあれば、ガチでゼミるところもあります。(ゼミるって何だ)

 

私の所属するゼミのプログラム。

一年秋前半:一人ずつ「人間らしく生きるとは何か」のテーマの下、

        新聞の記事一つ引っ張り出してきて自分の考察のプレゼン。

        その後一人ずつ意見を述べていく。

 

一年秋後半:「若者当事者研究」という大きなテーマから個人のテーマを決め、

        調べていく。それぞれの方針を発表する。

 

二年春前半:↑の中間結果報告。その後みんなから指摘や意見をもらう。

 

二年春後半:最終結果報告。最終的には四千字の論文に仕上げる。

 

こんな感じです。

やっぱり、先生によって違うゼミテーマって大事だなと思います。

人間科学部は臨床心理、健康・スポーツ、産業社会、共生文化、人間探求の

5つのコースに分かれているので、コースによってもまた違ってきます。

 

うーん、これでいいのかな。

少しは参考になれたって言う受験生が一人でもいたら幸いです。

        

いっしー
人間科学部 人間科学科
  • ホーム