どうも。もちです。

以前の記事から1週間です。

…時間とは、早いもんですなぁ(・O・)

 

 

 

 

さてさて。待っておられる方がいらっしゃるのか分かりませんが、ゼミ3回目です。

前回が自己紹介で終わりまして、この回では、まずチーム分けをしました。

私の所属するゼミは、20人ちょっと。それを4チームに(先生がてきとーに)分けて、ディベートの準備を行いました。

 

 

 

さて、ディベートとは?

 

どちらの『論理』が優れているか・妥当であるか,を判断して勝敗を決める『競技』


 × 口のうまさ、攻撃性、人柄

 ○ 論理的整合性、説得力、チームワーク、時間配分

 ある“debatable(論争の余地がある)”テーマについて、【肯定側】vs.【否定側】に分かれて、主張の優劣を競う。

フリーディスカッションではなく、ある形式にしたがって行われる。

抜粋『先生の資料』
 

 

というものです。

ただの話し合いとかではなくて、いかに相手を納得させられるかで勝敗が決まります。

コミュニケーション技術や論理的能力、社会的問題への理解なども培われ、非常に勉強になるのですが、難しいです。

 

まず、立論を3つ程作るのですが、この立論が考え付かない、出来ないと、先に進めません。

まったく進めないことはないですが(人にもよるでしょうし)、まとめにくいんですよねぇ、私としては…。

 

調べていくと、だんだん方向がずれて慌てて軌道修正なんかしたりと、大変なことが多いです。

相手を納得させられるように、データやグラフなんかもスライドにくっつけたり、配布したりすると分かりやすいみたいですが、良さげなデータが見つからない時も多々あったり…。

 

まぁ、それを乗り越え、立論に具体例やデータなんかを肉付けして、ついでに、発表の原稿とパワーポイントのスライドを作れば完成!

 

…と言いたいとこなんですが、これではプレゼンテーション、発表になってしまうので、相手がどんな質問や反論、データを持ってくるのか、ある程度予想します。

同時に、こっちも質問や反論を考えるわけです。

そのための資料なんかも集めたりと、時間は足りないぐらいです。

そして、最終弁論なんかもあるので、まとめ的なものも考えておきます。

 

皆、授業の合間とか集まったり、連休中も考え(考えなかった私もいますが)、4回目の授業に備えました。

…ギリギリ直前に集まったりなんかもしましたが。

 

とまぁ、こんな感じで約2週間(実質1週間程)の準備期間をおいて、4回目は本番です!

しかし、4回目はまた次回!

近いうちに(・△・)ノ

 

もち
経済学部 経済学科
  • ホーム