どうも!HKYです。

諸本さんの就職活動物語、まだまだ続きます!

では、つづきをどうぞ。

 

 

諸:3回生の9月に基本的な準備として、

  エントリーシート、履歴書、SPI対策を開始しました。

  12月中にはほぼ準備が終わっていました。

  そのころから、説明会にもどんどん参加し、

  説明会の数だけでも膨大なので、

  きちんと「活動記録ノート」を作っていきました。

  moro3.JPG

  moro5.JPG

  こういう細かい事をやっておくと

  あとあと振り返る時に役に立ちますので。

 

 

H:準備万全ですね。

 

 

諸:就職活動中に心がけていたのは

  「息抜きはちゃんとする」です。

  週末はバイトや趣味の時間に使って、

  就職活動の事ばかりを考えすぎないようにしました。

  こういうバランスをとって活動を続けたのは

  結果的によかったと思っています。

 

 

H:心構えも万全ですね!

  いいですね。心のバランスをとるのは大切だもんね。

 

 

諸:そうなんですよ。

  3月なんか平日は、ほぼ毎日2社の

  面接を受けていたので息抜きしてなかったら

  と思うとゾッとします。

   moro2.JPG

 

H:自分のころを思い出すだけでゾッとします。

 

 

諸:3月は大変だったとはいえ、

  じゃあ就職活動は苦しいかというと、

  そうでもなかったというのが本音です。

 

 

H:そうなの??

 

 

諸:本町や淀屋橋周辺を歩きながら

  社会人の表情をみていると

  学生の身分である自分との違いを感じたりして

  気づくことが多くありました。

  歩いてわかったのは、

  企業は自分の身近に数多く存在している

  ということでした。

 

  こうした経験があったから、

  自分は企業を遠い存在に感じていたんだ

  ということがわかりました。

 

つづく・・・

コメントを投稿

名前

コメント

  • ホーム