こんにちは!広報スタッフMSPです。

 

今回は4月から近畿産業信用組合に就職した
人間科学部・人間科学科の壷山鏡子さんに

お話を伺いました。

※取材は2012年1月に行いました。

 

 

M:今日はどうぞよろしくお願いします。
  早速ですが壷山さんがこの企業に

  就職を 決めた理由を教えてください。

 

 

壷:大学に入学した頃から、

  金融に興味がありました。

  就職活動(以下、就活)を始める時期

  になっても興味は変わらず、業界を

  絞って就活をしていました。

  TUBO5.JPG

 

M:興味のある業界に就職できたんですね。

 

 

壷:はい。
  さらに私は働いても関西からは

  離れたくないと思っていたので、

  私にとってぴったりの就職先です。

 

 

M:どんな準備をしていたの?

 

 

壷:私も最初から就活がうまくいっていた

  訳ではないんです。

     3年生の1月頃から就活を始めたのですが、

  初めて1次選考に通ったのは4月の終わりでした。
  なかなか選考に通らない時期は

  とても長く感じました。

  でも考えても落ち込むだけなので

  前向きに、楽天的に考えるようにしていました。
  
  初めて1次選考に通ってからは
  就活もうまくいくようになったんです。

 

 

M:なにかきっかけがあったの?

 

 

壷:金融業界に強い就職課の方からの

  アドバイスや面接を経験する中で

  自分なりに工夫していたことが

  結果に結びついたのだと思います。

  TUBO3.JPG

 

M:工夫?
  どんな工夫してたの??

 

 

壷:インターネットを使って面接の情報を集めて

  予習してから面接に臨むようにしていました。

  あと、面接官や一緒に面接を受けている

  学生の話を良く聞いて、言葉の言い回しや

  話し方を学ぶように心がけていました。

 

 

M:就活はしんどかったですか…?

 

 

壷:筆記試験にとても苦戦しました。
  金融系の企業は、一次試験に筆記試験

  と履歴書というパターンがとっても多かったんです。

  

  一般常識のような問題もたくさんありましたが、

  数学や国語の問題もよく出ていました。
  私は数学が苦手なので、

  とても苦労しました。

 

つづく…

コメントを投稿

名前

コメント

  • ホーム