こんにちは!HKYです。

順調に連載しております!

第4話、第5話は丸山さんの

就職についてのお話でした。

今回は丸山さんが受験生だった頃のお話です。

 

 

H:丸山さん受験生の頃って、どんな高校生でした?

 

 

丸:高2までハンドボールをしていて、

  土日もクラブ漬けの毎日でした。

 

 

H:ハンドボールしてたっぽくない!!

 

 

丸:えっ!?それほめてます??
  本格的に受験勉強を始めたのは3年生になってから。

  今のバイト先でもある個別塾と

  予備校に通って勉強しました。

  過去問ももちろんたくさん解きましたが、

  受験勉強においては、過去問を解くよりも

  それまでの下積みが一番重要です。

  maru8.JPG

  下積みのある子とない子では大きな差があります。

  これはバイト先の生徒にも言っていること。       

 

 

H:大阪経済大学の志望度はどれぐらいでしたか?
     
 

 

丸:大経大が第一志望という訳ではありませんでした。

  でも第一志望がだめだったら

  大経大がいいなとは思っていました。

 

 

H:ホント??

 

 

丸:本当ですって!!

   

 

H:その理由はなに??

 

 

丸:家から近いということが理由の1つ。

  もう1つは姉が大経大の人間科学部に通っていて、

  とっても充実しているなと感じたからです。       
  大経大の中でも経済学部を選んだ理由は、

  一番幅広く、色々と学べそうだなと思ったから。
  具体的には決めていませんでしたが、

  4年後の進路を少し考えて経済学部にしました。

 

つづく・・・

コメントを投稿

名前

コメント

  • ホーム